Driving recorder

 

KYB KURUMAME

手のひらサイズの本体と小型軽量カメラから成るセパレートタイプ。本体はダッシュボードの上などに設置、カメラはフロントガラス上部やルームミラー裏などに両面テープで固定できます。オプションで2台目のカメラも追加可能。

衝撃感知から最大30秒(前20秒、後10秒)の映像を記録。衝突後、後続車に追突されるなど一次衝撃の映像書き込み中に2次衝撃が加わった場合も、続けて記録することができます。

映像だけでなく、GPSから送られる電波によって、正確な年月日と時刻、速度、横方向およびと前後方向の加速度も記録。

これらのデータを読み出し管理するソフトウエアも同梱されています。

本体をビデオカメラに接続すれば、ビデオカメラに常時映像を記録することもできます。

 

< 製品の詳細は KYB CLUB をご参照ください >