Q & A 2002

 

2005

2004

2003

2001

2000

             

No. 54-56

 

No. 57-58

No. 59-60

No. 61

No. 62

No. 63-64

No. 65-68

No. 69-74

No. 75

No. 76-77

No. 78

No. 79-80

No. 81-82

No. 83-84

No. 85-87

No. 88-89

No. 90-91

No. 92-93

No. 94-95

No. 96-97

No. 98-100

No.100  12月28日受信 神奈川県・若井聡雄さんから
Question

 ホームページの更新作業お疲れ様です。早速、ビデオライブラリーの「アルペンラリー」拝見しました。案の定、SS14で私のフラッシュが思いっきり写り込んでいます。案外眩しいものなんですね。

 さて、ここでちょっとビデオライブラリー全般についての質問なんですが(もしかしたら、私の環境だけかもしれないのですが)、ライブラリーのどの動画を見ても、エンジン音やブレーキのスキール音ははっきり聞こえるのですが、どうも西尾さんと山口さんの声が聞き取れないのです。「モガモガ」といった、声とおぼしき音?は聞こえるのですが・・・。私の環境だけ、もしくは最初から聞こえていないのなら良いのですが、如何でしょう?

 
 フラッシュはそんなに気にはならんかったで。暗いといっても、しょせん昼間やし。
   それに、そんなにいっぱい光ってたわけでもないしね。80年代中ごろの全日本ラリーに比べたら。
   そういえば、87年開幕戦のギャラリーステージはすごかったな。2月の信州の山奥に、夜中にも関わらず取材と観戦の人がつめかけて。あの長いギャラリーコーナーを抜ける間じゅう、フラッシュで真昼みたいに明るかった。
   そうそう。まるで山口百恵の結婚式のときみたい。赤坂の教会からウェディングドレス着て出て来たとき、ものすごい数のカメラのフラッシュがビカビカビカビカビカビカって何十秒も光りつづけて、目がくらみそうやったで。
   オマエそんなもん見たんか? それいつの話や?
   あれは当時の国民的関心事やったから、みんなテレビで見てたよ。あんたらの年代やったら、「皇太子様・美智子様ご成婚」かな?
   知るか! そういえば、80年代後半は全日本ラリーのテレビ放送もけっこうあったのにな。
   あの87年開幕戦も放送してたね。テレビで見ても、やっぱりギャラリーコーナーのフラッシュは凄かったよ。
   フラッシュよりも、当時はテレビ撮影の照明のほうが辛かったなあ。たいてい夜に走ってたから、周囲は真っ暗やのに撮影場所だけがメチャクチャ明るくしてあって、そこを通過するときは何も見えへんかった。
   最近の全日本四駆部門はほとんど昼間に走るようになったから、テレビ撮影の照明が明るすぎて困るということはないけど、こんどはテレビ撮影がないなんて、皮肉なもんやねえ。
   観客をSSに入れたらあかんていう規則が長いことあったからな。まあ、今後に期待しよ。
   そういえば、ビデオ編集のお兄さん、12月1日にプラザ阪下に行ってあんたの横に乗せてもらったらしいけど、それですっかりヤル気なくしたみたいやで。
   えっ、なんでや?
   「ボクもクルマの運転が好きやから、すごく興味があったんですけど、あんなふうな走り方はちょっと・・・あれは今からなんぼ練習しても、ゼッタイにできませんわ、あきらめました」って。
   なんや、それはオレが悪いんとちゃうわ。ややこしい言い方するなよ。
   ビデオ制作のほうはヤル気まんまんやから大丈夫。そういえば、ビデオの音声のことやけど、2001年版を買ってくれた人のアンケートでもこういう質問や感想が多かったわ。
   ビデオの映像テープには、声が入ってないんや。というか、マイクがカメラについてるだけやから、周囲の音がうるさすぎて声が聞こえへんねん。もともと、あのビデオは自分で見るだけのつもりやったし。
   2002年は声だけMDに別録音したけど、HPにアップしてるビデオファイルは映像テープから作ったんで、声は聞こえへんのが普通です。ご心配かけてすみません。
   ビデオを見て、「きっと企業秘密があるんでしょうけど、差し支えの無い部分だけでも声を入れてください」て言う人もおったけど、そんな隠すほどのモノはないねん、実際のところ。
   ついでに言うと、HPのビデオファイルの映像はインターネット用に粗くしてあるけど、販売してるビデオはデジタル録画したものをデジタル編集してS端子で高画質テープに落としてるから、画質はかなりいいはずです。
   販売用の2002年版ビデオは、MDの声も入れて編集するんやろ?
   うん。でも、それを考えると今からアタマが痛いわ。メチャクチャめんどくさそうで。
   へっ、アタマが痛い理由は、オマエがウソを読んでるのがバレるからとちゃうんか?オレが運転を失敗してるところは公開してるんやから、オマエがしくじってるとこもちゃんと公開せえよ。
   いや、それはあかん。ドライバーもコドライバーもしくじってたら、ただのヘボコンビやんか。やっぱり、ええもん見せんと売り物にはなれへんで。
   またそれらしいことを言いおって。そんな屁理屈にオレが騙されるとでも思てんのんか?
   ほなら、ヘボコンビて思われてもええん?
   いや、それはあかん。
   せやろ。そしたらビデオの構成は私に任せときなさい。
   ううむ、なんでいつも最後はこういうことになるんやろ?

 


No.99  12月20日受信 大阪府・柳川淳さんから
Question  お久しぶりです。シックススターミーティングに行きたかったのですが、受験で行けませんでした。それはさておき、「レースをするには日々のトレーニングが大事」とよく聞くのですが、西尾さんと山口さんは、どんなトレーニングをしているのですか?
 
 前にもそんな質問があったけど、ワシの場合は、夏は渓流釣り、冬はスキーや。
   「日々のトレーニング」て聞いてはるで。イワナ釣りやスキーは毎日行かれへんやろ?
   あのなあ、「日々の」を文字どおりにとるのはまちごうてるで。だいだい、毎日トレーニングする必要なんかないんやから。
   たしかに、30歳以上になると、筋トレは週に2回でも毎日でもほとんど効果は一緒で、毎日すると疲れが回復せえへんからかえって良くないとか。
   渓流釣りやスキーは、まあ、やり方にもよるけど、オレのやり方やと、筋力、持久力、動体視力、全身反射のどれについてもトレーニングになるんや。
   というか、どういう作業でも、トレーニングに結びつけることを考えてやれば、トレーニングになり得るもんとちゃうん? 逆に、ラクしようと思えば、いくらでもラクできるし。
   そういうことや。この前テレビで見たレスキュー隊もそうやった。
   何それ?
   地元の青年で作ってるボランティアのレスキュー隊のメンバーは、普段それぞれ自分の仕事をしてて、その中で各自が工夫してトレーニングしてるんや。たとえば農家の人は、トマトを収穫するときに、しゃがんで畝の間を歩いて、立ち上がって一つ採ってしゃがみ、また立ち上がってもう一つ採ってしゃがみ、というふうにして足を鍛えてたで。
   うえ〜、しんどそう。
   ところでオマエはまだずっとジムに行ってるんか?
   いや、ジムに行くと服を着替えたりシャワー浴びたりするだけでけっこう時間食うのがうっとおしいから、もうやめた。ジムなんか、ヒマでしょうがないオバハンらの行くところやで。
   さよか。せやけど、そのままにしてたらどんどんダレていくやんけ。
   私の場合、せっかちで、道を歩くときはついつい走ってしまうから、それでけっこう運動になってるねん。階段はどこでも1段飛ばしで駆け上がるし、降りるときはなるべく速く駆けおりるようにしてるし。
   足がもつれてコケて周囲の人をなぎ倒しながら階段を転げ落ちる姿が、目に浮かぶようやわ。
   誰やそれ? しかし、体力も大事やけど、動体視力も大事やで。ラリーを引退する人はほとんどみんな、体力がなくなったから辞めるんやのうて、目がついていけへんようになって辞めるんやから。
   そうやな。動体視力は、まさにラリードライバーの命や。
   この前新聞で、増岡浩が「パソコンで動体視力のトレーニングをしたお陰で、障害物や穴への対処能力が向上した」というようなことを言ってる記事を読んだから、そういうソフトを探してみようと思って「動体視力トレーニング」をインターネットで検索してん。
   ほう。
   そしたら「動体視力占い」というのが出てきたから、やってみてん。
   へー、どうやった?
   9つのマス目に、ある一定の短い時間だけ数字が現れるのを、いくつ正確に覚えてるかで占うねん。最初「1.5秒」でやってみたら全部正解して、判定は、「あなたは何事もソツなくこなせる人で・・・」とか書いてたわ。
   ふーん。
   それで次に「1秒」でやってみたらまた全部正解して、判定は、「あなたは天性の動体視力の持ち主です。すでに努力では到達できないレベルにあるあなたは・・・」とか、なんかイヤミなこと書いてあるねん。
   オマエ、ほんまはヒマなんちゃうか?
   それでこんどは「0.8秒」でやってみたらまた全部正解してんけど、判定を見たら、「普通の人には見えないものが見えるあなたは・・・」て、まるで人がウソつきみたいに書いてあったから、アホらしくなってそこでやめた。やっぱり、占いなんて信用でけへんわ。
   そんなにヒマやったら、ジムに行けよ・・・
 
No.98  12月19日受信 鹿児島県・東倉康一さんから
Question

 こんにちは。こちらもやっと寒くなって冬らしくなってきました。(ちなみに先週までTシャツにジャージという格好でいたりしました。)風邪などひいておられませんか?

 先日、日本アルペンのビデオ(スカパーで放送したもの)を見ていたら、なんと西尾さんと山口さんのインタビューや走行シーンがあるではないですか! 初めて映像でお二人の姿や声を聞けてとても感動してしまいました。お二人の印象は、まず西尾さんは、「大阪弁をしゃべる草刈正雄」、山口さんは、「榊原郁恵さんを小柄にした感じ」、といったところでしょうか(気を悪くしたらごめんなさい)。これからも、こんなふうにお二人の姿を見る機会が多くなれば、ファンとして本当に楽しみです。

 ところで、質問なのですが、先日の日本アルペンラリーで新井選手の乗ったクルマのナンバープレートは、WRCのときと同じような感じ(ステッカーのようなもの)でした。日本の公道でもあれでいいのでしょうか? それとも、特別に許可が出されていたのでしょうか?

 
 草刈正雄か、カッコええやんけ。やっぱりなあ。
   草刈というより、山で芝刈りのほうが似合うんちゃうん?
   ほんだらオマエは川で洗濯か? ほんで桃がどんぶらこと流れてきたら、流れ着く前に慌てて取ろうとして、川にはまってさあタイヘン!やな。
   ほんだらドジョウが出てきて「一緒に遊ぼ」ってか? 残念ながら私はぼっちゃんやのうてお嬢さんですわ。
   昔はな。今はオバハンやんけ。しかしオマエの場合、ドジョウがぼっちゃんとまちがえて寄って来るかもしれん。捕まえて食うなよ。
   ふん、私は柳川鍋はあんまり好きやないから、ご心配なく。
   あ〜、芝刈りの一言でここまで会話がはずむとは、我ながら情けないわ。
   なんで? 相変わらず息がぴったりでええことやんか。
   う、うん・・・ところで、WRカーのナンバープレートのことやけど、「特別な許可」をとったわけでもなくて、カルネで一時輸入してるクルマの場合は、そのクルマの登録国のプレートをつけてたらそれでええんやと思うで。
   カルネというのは、簡単に説明すると、一時的に輸入してまたすぐに持ち出す場合に限って、関税が免除される国際協定、とでも言えばいいかな。ラリーでは、ラリー車やスペアパーツを開催国へ持って行って、使ったら売らずにまた持って帰ってくるから、カルネを使って輸出入することが多いんや。
   その場合は、クルマを現地で登録するのではないから、ナンバープレートはもとの国のをつけたままでええねん。日本から持って行く場合、陸運局で国際車検証を発行してもらうけど、これは英語で書いてあって、たとえば「大阪さ300 246」というナンバーは、「OSA SA 300 246」になるんや。現地ではその番号がわかるように表示すればそれでいいから、たとえば、バンパーにカッティングシートで文字を貼るだけでもいい。もとのプレートは着けたままでね。
   もとから英語のアルファベットと数字で書かれたプレートの場合は、国際車検証でもそのままやから、新井くんの乗ってたWRカーは、イギリスで登録したプレートのままやったということやろね。
   せやな。まあとにかく、カルネというのはとても便利で、ラリーをしに外国に行くときには必ずといっていいほど世話になるもんやと覚えといてもらったらええわ。
   うん。で、重要なのは、カルネで持ち込んだ物はすべて持って帰るというのが原則、ということ。せやから、ラリーでパーツやタイヤがダメになったからって、捨てずにちゃんと持って帰ってくるように気をつけてないと。
   行くときはそう聞かされてわかってるつもりでも、ラリー中にはついつい忘れてることが多いんや、これが。
   だいたい、SS中にどこかに落としてしまったりするしねえ。
   最初にオーストラリアに行ったときは、チーフメカニックが海外チームのメカを何度も経験して慣れてたから、オレがウッカリしてても、ボロボロで骨と皮だけみたいになったパーツでもちゃんと保存しといてくれたし、無くしたパーツの代わりになるようなもんを拾っておいてくれたりして、ホンマに助かったで。

 
   持って行った物が無くなってたら、それは現地で売却したと見なされて関税がかかってしまうし、そのときの状況やその国の法律によっては、それ以上の罰則や罰金もあったりするらしいで。
   WRCのワークドライバーがクラッシュしたときなんか、あっという間にファンが寄ってきてパーツをはぎとっていくけど、そんなもんに全部関税と罰金がかかったら、えらい出費になるやろなあ。
   そういう場合に備えた保険でも入ってるんやろか? でも、保険代も高いやろな。
   まあ、有名税やと思ってあきらめてもらお。
   自分に関係なかったら気楽なもんやな。自分やったら、ゴミにしか見えへんパーツでも、寄せ集めて大事に箱に入れて持って帰って来たくせに。
   当たり前や。どこに行ってもゴミは持ち帰る、これは社会生活における最低限のマナーやで。
   それはそうやけど、この場合はちょっと動機がちがうような・・・

Copyright (C) 2005 有限会社ニシオガレージ Nishio Garage Inc.