Q & A 2002

 

2005

2004

2003

2001

2000

             

No. 54-56

 

No. 57-58

No. 59-60

No. 61

No. 62

No. 63-64

No. 65-68

No. 69-74

No. 75

No. 76-77

No. 78

No. 79-80

No. 81-82

No. 83-84

No. 85-87

No. 88-89

No. 90-91

No. 92-93

No. 94-95

No. 96-97

No. 98-100

No.58  3月19日受信 広島県・Sti Ver. 3さんから
Message  先日、テクニックステージ・タカタにお邪魔した時には、2人の甥ッ子ともども大変お世話になり、ありがとうございました。皆さんの優しさに触れ、また実際に体感したことで、ますますラリーが好きになりました。また機会がありましたら是非行きたいと思いますので、その時はよろしくお願いします。(今度は手ぶらでなく、手土産とヘルメットを持って行きます。) これからのシリーズを広島の片田舎から応援しています。“頑張ってください!”
 
 ますますラリーを好きになってもらえてよかった! 上手で親切な人を選んで、乗せてあげてもらうようにお願いした甲斐があったわ。あ、いや、皆さん上手で親切やけど、助手席のシートとシートベルトが特にしっかりしたクルマを選んだだけで・・・
   上手で親切な人の筆頭はオレやし、オレのクルマのシートとシートベルトは一番しっかりしてるぞ。なんせ、うるさいヤツが座るからな。せやのに、なんでオレに頼めへんかってん?
   あんたのクルマはもうこのとき走られへんかったんや。西尾雄次郎号に乗りたいて言うて来はったのに。
   ああ、そうやったな。申し訳ない。次回はきっと乗ってもらうようにするから、友達でも親戚でも近所の人でも、いっぱい連れて来てや。
   ところで、手土産って、やっぱりお菓子かな?
   ほら、始まったで、食い物の話が!
   そういえば、広島のほうには「もみじでがんす」とかいうお菓子があるんやて?
   うん、そうそう。何年か前にタカタに行った帰りに、「もみじでがんす」ていう名前のお菓子を買うて帰ったんや。それが美味しかったという記憶はあるねんけど、それ以後見たことがないし、どんなお菓子かも忘れてしもた。
   美味しかったのにどんなお菓子かゼンゼン思い出されへんというのが、私には信じられへんわ。
   食い物データをすべて完璧に記憶してることのほうが、オレには信じられへん。
   ホンマにそんなお菓子あったんか? 誰もそんなもん知らんし、どういうもんか全然説明できんというのも怪しい・・・
   ホンマやて! ドライバーの言うことを信じへんて、おまえそれでもコドライバーか? こいつの曲がった根性を直すためにも、次回は是非とも「もみじでがんす」をオミヤゲに持って来てください。よろしう頼んます!
 
No.57  3月19日受信 和歌山県岩出町・takarsさんから
Message  初めてニシオガレージの練習会(3月17日)に参加させていただきましたが、本当に行ってよかったと思っています。ダートラを細々とやって10年ほどになりますが、その中でも最もためになり、また楽しく過ごせた1日でした。最後のセコセコトライアルも面白い試みでした。順位を決めるとなると途端にみんな異常に張り切ってしまうのが、自分も含めてつくづくアホやと思いました。惜しむらくは、2本勝負やったらな〜ということです。スタッフの皆様にも大変お世話になりました。宜しくお伝えください。また次の開催を、ぜひお願いします。
 
 楽しくてためになったって感じてもらえてよかった。「最も」がついてるのは、ちょっとホメられすぎで恥ずかしいけど・・・
   そうや。あんた今回はほとんど遊んでて、あんまりみんなを横に乗せたり、乗ってあげたりしてなかったもん。
   ええやんけ、楽しくてためになった、て言うてはるねんから。それに、あの最後のセコセコトライアルはオレのアイデアやで。オモロかったやろ?
   いや、内心、「広島まで来て何させるねん!?」て思った人もおったで、きっと。
 へへへ。せやから1回でやめたんや。2回目はリバースオーダー(逆の出走順)で、というのも一瞬考えてんけどな。
   ま、今回は「思いつき」やったし、時間もなかったし・・・
   「思いつき」やのうて、「ヒラメキ」て言うてほしいな。せやけど、あんなしょうむないトライアルでも、みんな途端に目の色変えて走るからケッサクやったで。それを、『自分も含めてつくづくアホやと思いました』と言うこの人は、悟っとるな。
   たぶんみんなも悟ってるけど、ついついそのときはムキになってしまうんちゃう? 終わってからハッと我に帰って、「アホやなあ」と思うくせに、また次になったら忘れて、つい目の色変えて走ってしまうねんなあ・・・
   どんなしょうむない競争でも、競争というだけでムキになってしまうというのは、競技には必要な精神構造やから、これはええことやで。
   たしかに、そのお陰でインプレッサミーティングのスーパーSSも盛り上がるからネ。

Copyright (C) 2005 有限会社ニシオガレージ Nishio Garage Inc.