Q & A 2002

 

2005

2004

2003

2001

2000

             

No. 54-56

 

No. 57-58

No. 59-60

No. 61

No. 62

No. 63-64

No. 65-68

No. 69-74

No. 75

No. 76-77

No. 78

No. 79-80

No. 81-82

No. 83-84

No. 85-87

No. 88-89

No. 90-91

No. 92-93

No. 94-95

No. 96-97

No. 98-100

No.77  8月10日受信 京都市・堀さん(14歳)から
Question  なぜ全日本ラリー車にはリストリクターが付いてないのですか?
 
 むむっ、これはなかなか答えるのがムツカシイ質問やな。どう説明したらええやろ?
   なんでやねん、カンタンやがな。規則で付けんでもええことになってるからや。付けたら遅くなるとわかってるモノを付けんでええんやから、そら誰も付けへんわ。
   そう言うてしもたらオワリやけど、ほなら、なんで付けんでもええていう規則になってるんや? それが問題やろ?
   そら日本と外国の規則がちがうからや。
   せやから、なんで日本と外国の規則がちがうんか、そこが説明しにくいて言うてるんやんか。スポーツていうのは、そもそも日本でも外国でも規則は同じはずや。 テニス、野球、サッカー、みんな一緒やろ? 柔道でも、「イッポン」とか「コウカ」とか外人審判がヘンな発音で言うてるし、外人もマジメな顔して礼してるやんか。ちゃんと柔道着まで着て。あんなもん、ジャージでもできるやろに。
   そうはいかんで。エリをつかんで投げるのに、ジャージやったらグニュッと伸びてワザが決まれへんやんけ。相撲はフンドシ締めてないと掴むとこがないし。スポーツにはそれに適した服装ちゅうもんがあるわいな。
   ふーん、日本のラリーは服装はマトモにレーシングスーツやけど、クルマと競技規則はヘンやな。何事も形から入る、っていう国民性がここにも現れてるわけか。
   関係あるような、ないような・・・
   ちょっと前までは、「日本は日本、外国のマネなんかせんでいい!」なんて言うオジサンが幅を利かせてたとか? でも、JRCA設立の動きが出始めた頃から、日本のラリーを国際標準に近づけようという流れが強くなってきて、とうとう去年は国際ラリーも実現したし。もうすぐやね。
   うん、実際、去年の終わりに発表された新しい車両規則では、2003年からは国内ラリー車もほぼグループNと同じような仕様になる。せやから、全日本ラリー車も来年からはグループNと同じ32φのリストリクターを付けて走るわけや。
   パワーがなくなって残念やな。あの凄まじい速さのクルマも、今年で見納めか。
   いや、意外とグループNも捨てたもんやないんやで。だいたい、オレのクルマは全日本ラリー車やけど、今年の開幕戦のスノーラリーではリストリクターを付けてたんやから。
   あっ、そういえば・・・
   あのときはグループNより大きい34φのリストリクターやったけど、結果的に、あれではパワーがありすぎた。32φでじゅうぶんやったと後でわかったぐらいや。
   たしかに、リストリクターを付けてても、付けてないクルマに劣らず速かったね。(詳しくは、ラリーXホームページの「山口顕子の全日本日記」を読んでね。)

 
   今までは国内でグループNを開発してなかったから、グループNというと遅いクルマしかなかった。でも、グループNが全日本の主役になったら、開発競争が始まって、きっと今よりはずっと速いグループNが作られるようになるやろう。
   最高出力は低いけど、トルクは太いから、それを生かして走ればじゅうぶん面白いということ?
   そうやな。制限が多いだけにドライバーや開発者のウデの見せ所でもある。フフフ、見とれ〜
   そらもう、イワナ釣りなんかしてる場合やないね。
   フン、そんな余裕のないことでどないすんねん? 仕事は仕事、遊びは遊び、これがオレのスタイルや。
   ほなら、仕事はイワナ釣り?
   ホンマに、どついたろか?
 
No.76  8月1日受信 大阪市住之江区・大西さんから
Message

 初めまして。先月からインターネットを始めてHPを何気なく検索しているうちに、西尾さんに刺さってしまいました。実は10年ほど前にダートラをしていたものの、転勤やらなんやらでそっちの世界とは遠くなっていたのですが、西尾さんと山口さんのせいで血がふつふつと沸き上がってきました。

 去年結婚したのですが、そのときに嫁さんを騙してインプレッサを買ったんです。最後の決意で。でもなかなかきっかけがなかったところへ、このHPに出会いました。もう今は走りたくて走りたくてたまりません。西尾さん、責任とってくださいよ。

 嫁は競技のことはあまり知らないので、「あんたにあんな走り方できるんか?いまどきパワーウィンドウも電動ミラーもないクルマで」と半信半疑です。そうです。嫁は、ウチのクルマは形こそ一緒やけど一番グレードの低いクルマと思っています。エアコンがついてないから屋根に穴が開いてると思ってるし。

 10月ぐらいにそちらにお邪魔してクルマを作る相談をしたいと思いますので、責任とってや。長々とすいませんでした。これからも体に気をつけて和泉ナンバーで走りまくってください。

 
 屋根に穴が開いてるということは、RAか。それに、エアコンもつけてないて、そんなん、やる気バリバリやんけ。どうやって嫁さんを騙してんやろ? ワシの渓流釣り友達に教えてやってほしいわ。
   何それ?
 ほれ、ワシの渓流釣り用インプレッサを買おうとしたEちゃん、一時は嫁さんを騙すのに成功したと思って大喜びで乗って帰ったのに、さっそく嫁さんを乗せたら、あまりの乗り心地の悪さに激怒されたとかで、泣く泣く返しに来よったがな。
   ええっ、乗り心地が悪いって!? あのクルマはラリー車よりずっと快適やで。
   そんなもんと比べてもしょうがないわ。
   せやけど、あのクルマは屋根に穴は開いてるけど、エアコンも電動ミラーもついてるし、パワーウィンドウまでついてるで。じゅうぶん高級そうに見えるよ。
   失礼な、高級やんけ!カーステまでついてるんやからな。最近、液晶表示がときどき消えたりして調子悪いけど・・・
   そうそう、音に合わせて画面にピラピラ模様が出る最先端の・・・
   あのな、今どきどんなカーステでもあんなふうやねん。日頃ロクなクルマに乗ってないのがバレバレやな。
   ふん、クルマを運転するのに音楽なんかいらんもん。とにかく、「一番グレードの低いクルマ」には見えへんよ。大西さんのとはちがって。
   なんか引っかかるな。大西さんのクルマはオレが乗ってるラリー車と同じやぞ。
   うん、だからきっと、お嫁さんがニシオガレージに来てこのラリー車を見たら、「一番グレードの低いクルマでもじゅうぶんなんや」って納得してくれるよ。
   おい、言い方がしつこいぞ。
   何の言い方?インプレッサで「一番グレードの低いクルマ」は、あれとはちがうよ。
   わざと言うてるんか?
   わざとって、何を?
   もうええわ。ところで、大西さん、責任とらせてもらいまっさかいに、いっぺん来てみておくなはれ。
   10月の日本アルペンまでの1か月ほどは、4つもラリーが続いて忙しいから、その後のほうがいいでしょう。その頃には渓流も禁漁やから、いつ来てくれはっても大丈夫です。
   もうじき今年のイワナ釣りも終わりか、寂しいなあ・・・

Copyright (C) 2005 有限会社ニシオガレージ Nishio Garage Inc.