Q & A 2002

 

2005

2004

2003

2001

2000

             

No. 54-56

 

No. 57-58

No. 59-60

No. 61

No. 62

No. 63-64

No. 65-68

No. 69-74

No. 75

No. 76-77

No. 78

No. 79-80

No. 81-82

No. 83-84

No. 85-87

No. 88-89

No. 90-91

No. 92-93

No. 94-95

No. 96-97

No. 98-100

No.78  8月29日受信 鹿児島県串良町・東倉康一さんから
Message

 こんにちは。いつも楽しく見させてもらっています。前回のメールで、「ひえつきを見に行きます」と書いたのですが、結局仕事の都合で行くことが出来ず非常に残念でした。来年こそは、是非見に行きたいと思っています。それから、希望として来年はセレモニアルスタートを見た人がギャラリーステージに間に合うような時間設定にしてもらいたいなー、と思う次第であります。是非主催者とご検討ください。

 また、8/31〜9/2まで職員旅行で大阪に行く予定です。自由行動の時間に、西尾さんのお店に行ってみたいと思うのですが、HPをいくら探しても場所の地図や住所がありません。(載っていたらごめんなさい。)是非HPに載せていただきたいと思います。今回は、電話をしてから行ってみたいと思います。その時はよろしくお願いします。

 
 「ひえつき」のギャラリーステージは土曜日の午前中だけやから、朝3時ごろに出発せんとあかん、とか書いてはった人やね。
   セレモニアルスタートが朝10時20分ごろからで、ギャラリーステージ開始がその30分後やったから、どっちか一方しか見れへんかったしなあ。
   実は、ここだけの話やけど、この前、「ひえつき」の主催関係者から別件で電話があったときに、来年は土曜と日曜の2日間で開催できそうやて言うてはってん。
   ほう。ということは、日曜日もギャラリーステージがある、ちゅうことか?
   さあ、それはまだわからんけど。それから、日曜日は暫定表彰式というか、いわゆる「セレモニアルフィニッシュ」をしようと思うから、その具体的な方法についていずれまた相談したい、とも言うてはったで。
   ほおー、いよいよそれができるか。スバラシイな!
   そうなったら、土曜日午後にゆっくり椎葉村に入って、サービスも見て、泊まって、翌朝からまたたっぷりラリー見物、というふうなこともできるようになる。
   そらええわ。そしたら宿泊客が増えて、椎葉村の人も、今よりもさらにラリーを歓迎してくれるようになるやろう。しかし、もしも昼間だけの競技になったら、ランプポッドをつけられへんようになるのが残念や。なにしろあれは、子供とおかあちゃん連中に絶大な人気があったからな。
   ほんなら、レグ1終了のサービスのときにつけて見せてあげたら? 次の日の朝のスタート前に、またはずしたらええし。
   なんでそんなめんどくさいことせなアカンねん?
   何事もお客さんに喜んでもらうためや。せやろ?
   うう、いくら喜んでもらうため、て言うても・・・
   そんなマジで悩まんでもええやん。まだ来年の話やし。
   そうやな。それに、いくら競技が昼間主体になっても、やっぱりランプポッドをつけたラリー車ていうのはカッコええから、暗くなってからギャラリーステージをちょびっとだけしてもええんちゃう? WRCではそういうふうにしてるところもけっこうあるし。ラリーの華・ランプポッドは、永遠に不滅やで。
   うん、そのアイデア、なかなかイケてるかも。さっそくルート10延岡に提案してみよ。それで、東倉さんは大阪に来るついでにニシオガレージに来たいらしいけど、たしかに、ホームページには住所も地図も載ってないわ。
   なんで載ってないねん?
   あんたが載せんでもええて言うたんやんか。お客さんがたくさん来てイワナ釣りに行くヒマがなくなったら困る、って・・・
   またもっともらしいウソを・・・
   なんで私がウソなんかつかなアカンのん?
   ほんならオマエはボケてるんや。働き者のオレが、そんなお客さんに失礼なこと言うたなんて、誰も信じへんわい。
   そうかなあ? まあ、それはそれとして、地図は早いとこ作ってアップしたほうがええね。最近、「ビデオを買いにニシオガレージに行きたいので場所を教えてください」っていう問合せもちょくちょくあるし。
   そうや、さっさとしてくれよ。ところで、「職員旅行」て何や?
   職員が行く社員旅行みたいなもんやろ。職場が会社でないから、社員でなくて職員なんや。学校とか、役場とか、農協とか、そういう職場なんちゃう?ニシオガレージの場合は、一応「有限会社」やから、社員旅行やな。
   あっ、こいつ、また何か人をバカにする方向に進もうとしてるな。そうや、ウチは社長兼社員約1名の会社やから、社員旅行はいつでも好きなときに行けるで。どうや、参ったか?
   そういや最近、よう社員旅行してはりますなあ。
   おう、リフレッシュして鋭気を養うためには、社員旅行は重要な行事やからな。特に、渓流は清々しくて身も心も洗われるで。魚も釣れるし。
   でも、ちょっと変わった社員旅行やね。夜中に着いて、クルマで寝て、明け方から日暮れまで歩いて。ときどき崖をよじ登って、ヤブをこいで、最後は滝壷に飛び込みながら川を下って。
   何が言いたいねん? 社長のオレが決めた社員旅行なんやから、おまえに文句言われる筋合いはないわい。
   いいえ、文句など。大阪に「職員旅行」になんか来ても、せいぜいUSJぐらいしか行くとこがないから、それに比べたら、お宅の社員旅行はスバラシク充実してますわ、ホント。
   そうか?(ムフフ) せやけど、USJってオモロイんやろ? オレは行く気はないけど。
   いいや、あんなもん、たいしたことないで。ラリーや渓流崖登り釣りに比べたら、ただの子供ダマシや。
   またエラそうに・・・
   たとえばな、「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」ていうのがあって、座席が動いて、加速や減速のGがかかって、目の前の画面に映ってるガラスのカンバンを突き破るように見えたり、崖から落ちていくような感覚が味わえたりするねん。でも、ホンマもんとはやっぱり全然ちがうからなあ。
   ふーん、そういうもんか?
   うん、ガラスを突き破ったときに、画面には粉々になったガラスの破片が映るけど、現実感がないんや。ラリーで実際にフロントガラスやサイドウィンドウが粉々に割れて、口の中から服の中までガラスの破片だらけになるのを何回も経験してるから、これはちがうなあ、って。

 
   そんなもん「何回も」って言うほど経験してないやんけ。
   ガラスが粉々に割れて全身ガラスまみれになるのは、少なくとも4回は経験してるよ。
   そうか、オレは覚えてないわ。
   シミュレーション装置で感じるGなんて、たかが知れてるしなあ。舗装ラリーのときの加速・減速のほうが、もっと強いGがかかってるで。それに、実際にコンクリートの縁石や土手に当たったときの衝撃なんか、あんなもんとは比べもんになれへん。
   そらまあ、そうや。
   「ウォーターワールド」のスタントショーで、あちこちで爆発して炎が出るんやけど、火薬がある間しか燃えへんから、スグに収まるし。ホンマにクルマが目の前で全焼したときのことを思ったら、平和なもんや。
   たしかに、そういうこともあったなあ・・・
   それに、「ジュラシックパーク」でウォータースライダーが落ちて行く先を見た瞬間は、ほとんど垂直に落ちるように見えて一瞬ギョッとするけど、まあ言うたら、あれは滑り降りるだけや。ホンマに50メートルの崖を落ちたときのことを思い出したら、すぐに安心できる。
   なるほど。
   とまあ、せやから、やっぱりラリーのほうがずっとハラハラドキドキするで。だいたい、一瞬先にどうなるのか、ゼッタイにわかれへんねんから。
   そうかあ?オレは自分で運転してるから、常に一瞬先もその先もわかってるで。それこそ、機械まかせのほうがどうなるかわかれへんから、そのほうがずっと怖いわ。機械なんかゼンゼン信用でけへん。
   へっ、それはちょっと、自信過剰、とちゃいまっか?
   何を言うてんねん!? ここ数年間の実績を見てみい、オレがいつ、クラッシュした? いつも完璧にクルマをコントロールして、まったく危なげのない走りをしてるやろが。
   ・・・ (また忘れてる、と言ってもムダか)
   オレがクラッシュする確率と、遊園地の機械が故障する確率と、どっちが高いかていうたら・・・
   そら、あんたのクラッシュする確率のほうがずっと高いわ。
    ぐっ・・・あ、あのなあ、そもそも、オレは常に完璧にクルマをメンテナンスしてるけど、遊園地の機械の点検なんて、ええ加減なもんやで。いつ事故が起こっても不思議やない。あんな危ないもんには、オレはよう乗らんわ。
   あー、はいはい、いやもう、ようわかりました。つまり、遊園地は子供ダマシなうえにキケンで、私らのような分別あるオトナの行くところやない、ちゅうことですわ、な。
   そうや。ところでオマエはいつUSJに行ったんや?
   ん、この前、小学生の甥を連れて行ってきてん。朝9時の開園から夜10時の終業まで13時間かかって11か所見てまわったんや。その日もまた36℃を越えてえらい暑かったうえに、ガキは普段ゲームばっかりしてカラダがなまってるから、昼すぎになったら、「足が痛い」て言うて足を引きずってたけど、「帰りたい」なんて一言も言わんと最後まで頑張っとったで。
   それが分別あるオトナのすることか? 自分が行きたいからガキをダシに使って、無理やり引きずり回しただけとちゃうんか?
   ちがうよ、USJに行きたい、って言い出したのはガキのほうやで。私は、あんなもんに2度と行くつもりはないから、1回の訪問で最大限の情報を得るべく努めただけや。ま、合理的なモノの考え方を、身をもって子供に教えてやったということですわ。
   大阪のオバハンのド根性丸出しやな。きっとガキは家に帰ってオカンに怒られとるで。「もう、あのおばちゃんと遊びに行ったらアカン!」て言われとるやろな。
   なんでや?何事も効率よくやる、しんどくてもガマンして頑張る、どっちも大切なことやで。これであの子もちょっとは鍛えられたやろ。全開で遊ぶことの大切さを叩き込むためにも、これからも愛のムチはビシバシいくで!
   はあ、まあ、好きにして。

Copyright (C) 2005 有限会社ニシオガレージ Nishio Garage Inc.