Q & A 2002

 

2005

2004

2003

2001

2000

             

No. 54-56

 

No. 57-58

No. 59-60

No. 61

No. 62

No. 63-64

No. 65-68

No. 69-74

No. 75

No. 76-77

No. 78

No. 79-80

No. 81-82

No. 83-84

No. 85-87

No. 88-89

No. 90-91

No. 92-93

No. 94-95

No. 96-97

No. 98-100

No.89  10月24日受信 千葉県・Hiro Oiさんから
Message

 (編者注: Photo Albumへの投稿写真に添えられていたメッセージです。)

 初めまして。日本アルペンラリーを草津温泉(SS21とSS24)で観戦しました。西尾さんがインプレッサマガジンで「楽には勝たせない」と言ってたので楽しみにしていたのですが、まさにそんな走りで迫力がありました。WRカーは速すぎましたが・・・。

 今回のラリーは、オフィシャルが本当に素晴らしかったです。みんなラリーが大好きで、イベントを成功させようという雰囲気が伝わってきて、ギャラリーもどんどん盛り上がった、という感じでした。お送りした写真はSS24のスタート地点から二つ目の(コーナーの)出口あたりで撮ったものです。

 来年は時期的に今年より寒いわけですが、また見に行きたいと思っています。これからも応援してますので、頑張ってください!

 
 はい、今回はアルペン特集その2です。このコーナーの更新も遅れに遅れて、質問・メッセージもずいぶんたまってますが、なんとか年内にはアップできそうで・・・
   どうでもええけど、早うせえよ。しょっちゅう更新してこそ値打ちがあるんやから。
   おっ、最近ちょっとパソコン触ってると思ったら、途端に何やらわかったふうなこと言うやん。
   何が「わかったふうな」や、バカにすんな。オレはインターネットもずっと前から見れるけど、忙しいからシーズン中はパソコン触れへんのや。シーズンオフになってやっと、ちょっと時間ができたというだけやんけ。この頃はな、デジカメ写真も取り込みできるし、写真のプリントアウトもできるで。
   ほう、いよいよ年賀状でも自分で作る気かいな?
   あのな、オレはそういう世俗的シュミのためにパソコン使うてるんとちゃうねん。デジカメ写真もインターネットも、仕事に必要やからや。
   ふうん、ほなら明細書とか請求書もパソコンで作ったら? あんたの自筆は読むのがかなり難しいからな。
   何を言うねん、あの「暗号文」はみんなのために書いたってるんやがな。たまにはアタマを使わんと、ラリーばっかりしてたらアホになるやろ? それにしても、パソコンていうのはホンマにムカつくヤツやで。オレがした覚えのないことを勝手にしたり、自分が勝手なことをしといてそれをオレのせいにしたり・・・
   ほおー、たとえば?
   たとえばやな、しょっちゅう、「不正な処理をしたので強制終了します」ていうのが出て勝手に止まりよるで。オレがどういう「不正な処理」をしたっちゅうねん? ほんまに、「どついたろか!?」と思うけど、どついたら壊れるから、ぐっとガマンするねん。
   「不正な処理」をしなくてもアレは出てくるから、気にせんでええて。
   アンタはそういう性格やからええけど、オレは気が弱いから、そのたびに内心、「あっ、オレ、何か悪いことしたんかな?」と思ってギクッとするねん。
   そういえば、11月末ごろに、ニシオガレージHPがサーバ側のトラブルで、「ただ今工事中です」ていうのが出て見られへんようになったとき、「タイヘンや!」って慌てて電話してきたなあ、ククッ。
   せや、あのときは、「あっ、オレがまた不正な処理をしたから、ホームページまでヘンになった!」って思ったやんけ。ホンマに人騒がせな。
   どっちが・・・
   そんなことより、写真の話やがな。ホンマに、みんな、たくさん写真送ってくれておおきに。ラリーのときは気がつけへんかったけど、この前インカービデオを見てみたら、「SS24の最初から二つ目ぐらい」から、もういっぱい人が入ってたわ。
   今年はレグ2の観客数は6000人で、そのほとんどが小雨林道に集中したとか。
   昔の全日本では、小雨林道に2万人も来て、端から端まで人であふれたと群馬の人らが言うてたけど、今はもう、そんな状態になったらSSはキャンセルされるやろな。いろいろと難しいもんや。それにしても、このメッセージにもあるように、今回のラリーのオフィシャルはホントに素晴らしかったなあ。
   うん。私ら出場者のほうも、同じように感じたよね。オフィシャルもみんなラリーが大好きで、一生懸命働きながら、なおかつ、自分たちも一緒に楽しんでる、って。
   4年前にラリー・オーストラリアに初めて出場したとき、オフィシャルがメチャクチャ楽しそうなのが、日本のラリーとはあまりにも違うんでビックリしたし、感動したね。今回の日本アルペンでは、そういうオーストラリアの雰囲気を思い出した。
   そうそう。その3週間前のモントレーでも、「あ、オーストラリアの雰囲気に似てきた」って思ったよ。同じ群馬やから、モントレーと日本アルペンの両方に来てたオフィシャルも多かったんやね。
   ラリーの運営はホンマに大変な仕事やから、好きでないと務まれへんやろなあ。でも、群馬と埼玉のオフィシャルには来年もまたいいラリーをしてほしいから、この場を借りてエールを送るで!頑張ってや!!
   私らも、余計な仕事を作って迷惑かけんように、いつもちゃんと道の上を走るように心がけましょう、ねっ。
   そらあ、オレかていつも気持ちは道の上やで。クルマがたま〜にちょっとオレの言うこと聞けへんだけや。こうやって考えてみたら、やっぱりクルマのほうがパソコンよりもだいぶ優秀なキカイやな。
 
No.88  10月23日受信 埼玉県&千葉県・しのだ&やまなかさんから
Message

 アルペンラリー、4位おめでとうございます!! (もちろん、さらに上を狙っていらっしゃったかとは思うのですが・・・) 20日の羽根尾で観戦してました。雨が降ったりやんだりで決して良いコンディションではなかったと思いますが、とても楽しませていただきました。観戦する者も体力勝負(?)でしたが、参戦するドライバー&スタッフの皆さん、また、主催者側のスタッフの皆さんなど私たちの比ではないでしょうね。すべてを見たわけではないので大成功かどうか、私たちの目では判断できないとは思いますが、とにかく、ものすごく楽しかったです!

 後悔したといえば、セレモニアルスタートを見に行けなかったこと。東京を走るラリーカーを単純に見てみたかった!でも、冨岡、羽根尾SS、軽井沢と追っかけて、写真とビデオを撮りまくって(^^;)堪能させていただきました。テレビとか新聞のメディアの報道が少なすぎ(怒)で、もっともっと報道してくれればいいのに〜、と不満も残りますが、それはさておき、おめでとうございます&ありがとうございました!

 PS:図々しくも冨岡でお二人からサインをいただいたものです。お疲れだったと思うのに、山口さんはわざわざ出てきてくださってめちゃめちゃ感動しました。これからも応援していきますので、頑張ってください!!

 
 ラリー前にも応援のメッセージをくれた人らやね。楽しんでもらえて何よりや。4位やったのは残念やが。
   東京を走るラリーカーが見たかったということやけど、今回はそういうクルマはあんまりなかったから、パスして正解やったかも。主要チームはみんなローダーに積んで行ったから。
   新井もカツも奴田原もワシらも、クルマはサービスクルーに任せて自分らは新幹線で移動したし。
   東京でのスタートというのは話題性があってよかったけど、出場者にはちょっと負担になったね。でも、そんなことって滅多にないから面白かった。長野新幹線に乗って釜飯弁当も食べたし。
 そう来ると思た。
   今回のサービスパークでは、スポンサーが豪華なテントを建ててくれて、食べ物もたくさん置いてくれてたし。なんか、とってもリッチな気分やったと思えへん?
   まあな。オマエは食い物さえあったらシアワセやろうし。
   当日は雨で、ビニールの横幕が張ってあったから、テントの外で何人も見ててくれてたのが、中からはよう見えへんかってん。雨がやんで横幕をはずしたときに、「あ、やっぱり、ずっと見ててくれてたんやわ」と思ってお礼を言いに行ったら、すごく喜んでもらえて、私もホンマに嬉しかったわ。
   時間ぎりぎりでサービス作業を終えて、テントからクルマを出すとき、外でずっと見てた人らが拍手してくれた。あれはサービスクルーへの拍手やけど、そうやってサービスクルーのことも応援してくれて、これも嬉しかったね。
   うん、サービスもラリーの一部やということを、見る人もきっと実感したんやと思う。そういうラリーの楽しみ方を、日本のファンの人たちが体験できたというのは、なんとも感慨深いねえ。
 来年は3月でもっと寒いけど、うちのチームのテントは暖かくしてみんなに来てもらおうや。
    プロパックの社長さんが「来年はモーターホーム持って行きます!」て言うて盛り上がってはったぐらいやから、楽しみやね。あそこの会社はケータリングもしてるらしいし、どんなごちそうが出てくるかな?(ウキウキ♪)
   それはええけど、オマエが食うことに気をとられてサービスアウトの時間を忘れやせんかと、オレは今からもう、心配でたまらんわ。

Copyright (C) 2005 有限会社ニシオガレージ Nishio Garage Inc.