Q & A 2003

 

2005

2004

2002

2001

2000

             

No. 101

 
No.102-103
No.104-105
No.106-108
No.109-110
No.111-112
No.113-115
No.116-118
No.119-120
No.121-122
No.123-125
 No.126-127
No.128-130
No.131-132

No.133

No.134-135

No.136

No.137-141
No.142-144
No.115  6月1日受信 大分県・大津康孝さんから
Message

 ひえつきお疲れ様でした。突然失礼しますが、私も出場した一人です。三方山の2周目に向かう途中、道路脇に停めてある5ZIGENカラーのインプレッサを発見し、西尾さんのクルマであることがわかったとき、とても残念でした。

 私はひえつきに出場するのは4回目ですが、レッキの終わった金曜日の夜は総合運動公園の体育館に寝泊りしています(野宿)。昨年のことですが、レッキ終了後、全日本トップ選手のほとんどが競技車の整備をサービスに任せて民宿に帰るのに対し、西尾選手は夕方遅くまで自ら整備されていました。正直驚きましたが、その後自分も増し締めをしたのは言うまでもありません。そして、西尾選手のファンになりました。今年はマフラー交換されていましたね。

 山口さんには、山口さんがビデオカメラの調整をされているときに少しお話させていただきましたが、山口さんの大阪弁にはビックリしました。(山口さんの雰囲気と違うので・・・。) ひえつきは残念な結果に終わったようですが、まだシリーズも始まったばかりなので、次戦以降頑張ってください。応援しています。

 
 ふうん、整備してる姿を見てファンになってくれたとはねえ・・・
   働く男の背中は凛々しいというか、なんかこう、胸に訴えるもんがあるっちゅうからな。
   整備してるときは寝っころがってて背中は見えへんかったんちゃう?
   そういうくだらんセリフで行数を使うな。もっと本質的な話をせえよ。
   はいはい、すんまへん。ま、たしかに、「クルマを速く走らせるのがオレの仕事」っていう感じでクルマに全然触れへんドライバーもカッコいいけど、自分でクルマをいじれるドライバーを見て、「すごい」って憧れる人も多いみたいやね。
   要はその人の持つ雰囲気とちゃうか? ワシは与えられたクルマを運転するだけやのうて、自分の頭で考えて自分の手でクルマを作る、いわば、知的でなおかつこだわりの職人というイメージがあるから、クルマをいじっとる姿がグッとくるんやろな。
   ああそうそう(どうでもええわ、勝手に言うとき)。 ところで、私の大阪弁にビックリしたって、なんでやろ?
   オマエ、河内弁でしゃべってたんやで、どうせ。
   いや、いつもと同じように上品な大阪弁でしゃべったよ。
   「山口さんの雰囲気とちがう」って、この人はなんかえらい誤解をしてはったんやろなあ。
   そうやね、きっと、このQ&Aを読んで、どあつかましい大阪のオバハンみたいに思ってたのに、実際はあまりにもしとやかで控えめで可愛いらしかったから、ビックリしたんやわ。
   せ、せやな・・・(ホンマは、その逆やと思うけど)
   というわけなので、これからラリーを見に来られる皆さんは、ビックリしないでくださいね。
   それはムリな話かもしれんで・・・
 
No.114  3月14日受信 滋賀県・匿名希望さんから
Question  西尾さん、山口さん、日常なにしてるんですか? 西尾さんは社長業、はわかるんですが、山口さんは、どんな人ですか?
 
 ワシは社長やけど、アンタかて、まあいうたら社長やろ?オフィス・クオレの。
   それはそうやけど、もうちょっと具体的に説明したほうが・・・
   具体的に? ワシは社長やから資料に目を通したりハンコ押したりしてるで。
   私は電話したりパソコンしたり・・・しかし、これが具体的かな?
   具体的やろ。動作そのものを言うてるんやから。これ以上具体的にどう言うねん?
   ほなら、もうちょっと抽象的なほうが・・・
   どっちやねん? ワシは自分がラリーに出るために必要なことをしてるんや。クルマを作ったり、テストしたり、エンジニアに報告したり・・・
   そういうときに、資料を読まはるわけですな。
   そうや。ハンコはスポンサーとの契約書に押すんや。そうそう、契約金の請求書にもハンコ押すで。
   お店もしてるから、お客さんへの請求書とか領収書にもハンコ押すでしょ。あんまりないけど。
   うん、ウチの客は少数精鋭やからな。
   はあなるほど、そういう言い方もあるんやね。
   オマエは座ったまま電話とパソコンしてるだけで、ラクなもんやなあ。ラリーでもずっと助手席で座ってるだけやし。それで足が退化してしもうて短いんやな?
   胴も短いから、これでバランスとれてますんや。
   しかし、足が退化して、だんだん胴体に近い形状になってきてるんちゃうか?
   いや、短いから太く見えるだけで、実際は普通の太さやねん。
   ふん、ものは言いようやな。社長の仕事もまあ、そんなもんか。
 
No.113  5月23日受信 群馬県・上野隆史さん(23歳)から
Question  大荒れのブラジルGPでフィジケラ車が炎上しているのを見て、ふと疑問に思いました。ラリーでは全開でSSフィニッシュ通過後に、ストップコントロールで急に止まらざるを得ないですよね(用語・「WRC OUTLINE2002」/山口顕子編集協力/より?) あの時にエンジンがイッてしまうことはないのですか? クーリングラップらしきものがまったくないので、エンジンにメチャ悪そうに見えるのですが。
 
 そう言われればそんな気もするけど、STOPコントロールで止まったときにエンジンが壊れたことはないなあ。なんで?
   たしかにオーバーヒート気味のときに急に止まると、水温が上昇したりはするけど、タイムを書いてもらったらすぐに次のTCへの移動区間になるから、そこでクールダウンできる。ラリー車はF1とちがって電動ファンもついてるしね。
   F1はタイヘンやね。
   うん、あれは電動ファンもついてないから、再スタートさせられたり、しばらくエンジンをかけたまま止まってたりすると、風が当たれへんからすぐにオーバーヒートしてしまうんや。
   風が当たれへんといえば、八千穂レイクで氷上トライアルの練習をしたときに、気温が零度をかなり下回ってたのに、オーバーヒートしたことがあったね。
   そうやなあ。あの氷上練習は、ラリーの特別規則に合わせてタイヤに金属チェーンを巻いてたから、氷上とはいえかなりグリップが高かった。それでエンジンはほとんどずっと全開のまま8000回転付近でまわしっぱなし。それに加えてずうっとサイドウェイしてるし、ヘアピンが多い低速コースやから、風が正面から当たることがほとんどない。エンジンにはかなりきつい環境やったね。
   しかもスタートとフィニッシュがすぐそばで、1ラップ走り終えたらそこで止まってて移動ナシやから、ラジエーターやフロントインタークーラーには結局ちっとも風が当たれへん。
   コース上を走ってる間もサイドウェイばっかりでほとんど風が当たってない、ということに気がついてなかったから、水温が上がってるのを見たときは、「なんでや!?」ってビックリしたで。
   あんなに寒かったのにね。
   あのときは、気温が低いから電動ファンも2コついてたうちの1コを外してあったしな。
   横向きに走る場合は、極寒冷地でも電動ファンは必需品ってことやね。
   それに、八千穂レイクみたいにずっと横向きに走ってなくても、ラリーではラジエーターに風が当たれへんようになるという状況がいろいろあるんやわ。
   うん、何回かインカットしてるうちにフロントグリルが草や葉っぱで埋まってしまったり、雪壁に突っ込んで雪が詰まったり。やっぱインプレッサはラリーで使うことを考えて、インタークーラーは前置きじゃなくて上にあるのかな?
   さあ、それは・・・
   コンクリート壁や橋の欄干に正面から当たっても大丈夫やし。
   大丈夫なことあるか! 先にラジエーターがつぶれるやろが。
   そうか。しかしランサーはなんでインタークーラーが前にあるんやろ? 運転が上手でないと、心配で乗ってられへんなあ。
   そういう問題とちゃうやろ!・・・はあ、疲れるわ。

Copyright (C) 2005 有限会社ニシオガレージ Nishio Garage Inc.