Q & A 2003

 

2005

2004

2002

2001

2000

             

No. 101

 
No.102-103
No.104-105
No.106-108
No.109-110
No.111-112
No.113-115
No.116-118
No.119-120
No.121-122
No.123-125
 No.126-127
No.128-130
No.131-132

No.133

No.134-135

No.136

No.137-141
No.142-144
No.125  8月5日受信 大阪府・直吉さんから
Question  突然ですいませんが、私、GDBのC型のSti(OPでDCデフ付)に乗ってます。キャリパーは純正のブレンボです。ブレーキパッドを変えた以外はノーマルです。サイドターンをすると、その後、ブレーキを踏んだときにスカスカになります。多分、ハブが弱いから、ローターがピストンを戻しているのだと思いますが、何か良い対策がありますでしょうか? ジムカーナをしており、ラリーではありませんが、もし良ければ教えてください。お願いします。
 
 ワシとこの客にはラリー、ダートラだけやなくて、ジムカーナしてる人もおるから、そんなこと気にせんでもええで。
   そうそう。インプレッサ乗ってるだけで競技してない人もいれば、競技もしてないうえにスバル車にも乗ってないという人も、ちょっとやけどいてはるし。それって、少数精鋭の中のさらに少数精鋭やね。
   また余計なことを・・・
   で、質問の答えやけど、ブレーキのスカスカ防止はスプリングやろ?
   いやいや。まず、ハブの先端の32φの締め付けナットやな。ディーラーで決められている一般車向けの締め付けトルクでは、競技使用に耐えへん場合が多い。これもそうで、規定のトルクが20いくつかのところを、35kgfmぐらいで締めたらいい。そうしたら、ハブのガタはかなりマシになる。
   ふ〜ん。
   しかし、そうするとハブベアリングの寿命が短くなる。せやから、ハブのガタを解消するか、それともベアリングを持たせるか、どっちを優先させるかは、自分の判断で決めてもらう必要があるわな。
   だそうです。
   次にピストンの後ろにバックアップのスプリングを入れる方法があるけど、これをするには、スプリングの強さの調整が難しい。強すぎるとブレーキが引きずったりするしね。
   そのスプリングって、どこが出してるの?
   スプリングは、いろんなとこが出してるよ。せやけど、本来はAPレーシングのキャリパーのように最初からスプリング組み込みができるように設計されてるところに使うもんなんや。それ以外のキャリパーに使うには、かなりのノウハウを持ったところでないと、対応は無理やろう。
   へえ、そうやったん。ウチのインプレッサはGC8のときから入ってたから、ブレーキ抜け防止のスプリングはインプレッサユーザーはみんな使うもんやと思ってたけど、あれはチューナー西尾雄次郎の知識と技術のおかげやってんね。
   むふふ、ま、そういうことや。もひとつ付け加えとくと、ブレンボのローターは径が大きいからブレーキ抜けの症状が大きく出る傾向があるんで、そこをようわかって気イつけて運転してや。
   ところで、もしこの人がニシオガレージに来るとして、何回目で店があいてるときに当たるかな? 今はお得意様のT橋さんなんか、4回目でやっと開いてたらしいし、7月末に初めてご対面したS田さんは、1回目と2回目がスカで、3回目にやっと「当たり」やったとか。
   そういうこと言うと、まるでワシがしょっちゅう釣りに行って遊んでるように誤解されるやんけ。あの人らはたまたまラリーのときに何べんも来はったんや。おらへんのが当たり前や。
   ということですので、あらかじめ電話して本人をつかまえておくことを強くオススメします。
   しかしお前はハズレばっかり強調するけど、大当たりの人もおるんやで。北海道からメロンが届いた時に来たらメロン持って帰れるし、ワシが釣りに行った翌日に来たら天然イワナの塩焼きが食えるんやからな。
   しかも、西尾雄次郎製作の「イワナ焼き器」で、炭を使ってじっくり焼いた逸品やからねえ。
   おう、あんなうまいイワナは、よそではまず食われへんで!
   こんなふうに、ニシオガレージには各地の名産品がときどきありますので、運が良ければそれに当たるというお楽しみもあります。さて、その確率は・・・
   ま、ワシが釣りに行く確率が高い時期は、絶品イワナの塩焼きに当たる確率も高いわな。
   しかし、その場合、店が閉まってる確率も高いということで・・・

 


No.124  7月30日受信 匿名希望さんから
Question

 いつも楽しくこちらのページを拝見しております。先日のSpirits of the Rallyで山口さんからモントレーの観戦案内を渡された者ですが、SWRTの帽子とシャツという格好をしていたので、もしかしたらご記憶かもしれません。

 さて、本題の質問なのですが、PWRCなどで戦うグループN車両は1千万円程度すると聞いたことがありますが、JRCで戦うマシンは、一体製作にどれくらいかかるものなのでしょうか? とっても気になります。<質問ここまで>

 僕のHP ではラリーカーのアイコンを配布しているのですが、「5ZIGEN BSインプレッサ」のアイコンも配布しておりますので、一応ご報告させていただきます。本文以外の文が多くて申し訳ございませんでした。

 
 かわいいアイコンを作ってくれてありがとう。
   何に使うのかワシはよう知らんけど、使い方がわかってる人はどんどん使ってや。
   それと、Spirits of the Rallyのレポートも。TOPICS欄で紹介しているので、もう皆さんには読んでいただいてることでしょう。
   みんないろいろ頑張ってるんやな。ところで質問にある「PWRCの車両製作費が1千万円」というのは、どういう費用かな? PWRCの参加登録者っていうのは、たいていメーカーがサポートしてるから、そういうチームのクルマの製作費なんか、計算しようがないと思うけど。
   そうやねえ。市販されてない部品を使ってることも多いし、そういう部品は値段がないしね。それに、そういう部品の開発コストも含めたら1千万円どころではないやろ?
   うん。しかも、そういう部品の場合は、あまり具体的なことは公開されへんから、実際のところ製作費は知りようもないわ。
   質問の本題の「全日本車両の製作費」にしても、同じようなことが言えるね。
   そうやな。ウチのクルマでも、市販されてない開発中の部品をいろいろ使ってるけど、そういうのは値段がないし、ワシも製作費がどれくらいかかってるのかは知らんしな。企業秘密やから、教えてくれへんし。
   実は、TOPICS欄のレポートや「勝たなアカン」を書くときには、そういう部品のことは書かれへんから、ボカしてる部分がけっこうあるんよね。気がついてる人もいるかな?
   そういう部品の製作費までクルマの製作費に含めるとしたら、全日本車でも1千万はすぐ超えてしまうやろう。それに、そういうのって1回作ってオワリやなくて、テストと改良を繰り返してるわけやからな。
   そういうクルマの製作費を計算するのは不可能やから、とりあえず、プライベート体制で、すべて市販品を使うという仮定で計算してみたら?
   ほんなら、順番に足し算していこか。しかし、普通に手に入るモノでも、ロールバーなんかは作り方によって値段もちがうしなあ。15万円程度から100万円オーバーまで、いろいろあるで。
   そういえばそうやねえ。シートも、レカロのSP−Aは平行輸入モノでも最低1脚20万円はするけど、SP−Gやったら6万円ぐらいで買えるし。
   なるべく安く上げるけど最低限必要な品質は確保するという感じで改造したら、だいたい200万円ぐらいでいけるんちゃうか?
   それが推定最低製作費ということか。でも、そのクルマでは上位入賞はムリやろ?
   そうやなあ。そもそも、市販品だけで作ったクルマで全日本に出るということは、スポンサーがほとんどついてないわけで、ドライバーにそれほど実力がないということやからな。
   ある程度戦闘力を確保するにはもうちょっとお金がかかる、しかし、お金さえかければそれに比例してどんどん戦闘力がアップするというわけでもない、と。
   市販されてない特別な部品は、お金では買われへんもんやからなあ。それに、そのドライバーのドライビングスタイルに合わせて作られるものが多いから、ドライビングがある程度以上のレベルでないと意味がない。
   結局のところ質問の答えは不明やな。最低200万円はかかるけど、その改造は、ぱっと見た感じ見劣りせえへんクルマを作る程度のもので、そこから先は「たくさんお金がいる」としか言われへんわけか。
   それに、競技車の場合は作っただけでクルマを使えへんかったら意味ないわけやし、「完成」というのがなくて、常に改良して仕様を変えていくもんやから、製作費いくら、って言うのはそもそもムリやで。
   それもそうや。
   ウチのクルマのアイコンかてそうやがな。一回作ったらオワリとちゃうで。ステッカーの位置が変わったら、アイコンもそれに合わせて仕様変更してもらわんと。
   ぶつけて修理するたびにステッカー貼り替えるからなあ。アンタに任せといたら、その時の気分で違うとこに貼るし・・・
   失礼な! ワシはぶつけたから貼り替えてるんとちゃう。常にクルマを美しく保ちたいから、ステッカーが汚れてきたりヨレヨレになったりしたら、剥がしてキレイなのに貼り替えてるんや。そのときついでに、もっとカッコよく見えそうなところに場所を変えてみたりするだけで・・・
   もっとカッコよくねえ。ま、好みは人それぞれやから・・・

 


No.123  7月29日受信 東京都・くわきさんから
Message  こんにちは!Spirits of the Rallyでは山口さんがお忙しいところにお邪魔してるにも関わらず、いろいろお話を聞かせていただきました。現場ならでは(?)の話題に興味津々でした。お礼をしようと思ったのですが、宛先を知りませんので、Q&Aコーナーにメッセージを送ります。当日の全日本ラリーのPRは、少しずつかもしれませんが一般の人に認知される機会を提供していて、良い感じだったと思います。これからも頑張ってください。取り急ぎ 当日の写真 を見れるようにしました。お時間がある際に見てみてください。ご活躍を願って応援しています。
 
 素早いレポートありがとうございました。TOPICS欄でもご紹介させていただいてます。あんな話でよかったらいくらでもあるんですが、当日は時間がなくて残念でした。
   あんな話て、どんな話や? まさか、ワシがいつも当たるときに「うわーっ」て叫んでる、とか言うて笑いものにしてたんとちゃうやろな?
   そんなしょーむないこと言うわけないでしょ。
   言うとくけど、ワシは「おっと」て小さい声で言うてるだけで、「うわーっ」って叫んでるのはオマエやからな。2001年のアルペンのビデオが何よりの証拠やんけ。
   あのときはたまたま私が叫んでただけで、いつもはアンタが「うわーっ」って言うてるんや。
   いいや、それはちがう。勝田くんとこかてそうやんけ。ラリーのときは、「ナビがうわーって叫んでばっかりで、ノートを読んでくれないんです」って勝田くんが言うてるけど、去年のモントレーのインカービデオ見たら、「うわーっ」ってしょっちゅう叫んでたのは、勝田くんのほうやないか。
   あそこの場合は二人で叫びまくってるねんよ、きっと。「また絶叫マシンしてしまいました」って、よう言うてるやん。絶叫マシンは、乗ってる人みんなで絶叫するもんやろ?
   そういえばそうやな。ところで全日本ラリーのPRて何をしたんや?
   うん、今回のイベントに来るような人は、WRCとかアジパシに興味はあっても、国内ラリーには興味がない人が多いと思って、そういう人たちが全日本ラリーにも興味を持ってくれるように、WRCと対比しながら全日本ラリーのことを説明することにしてん。
   ははあ、それであのコントロール標識を持ってる写真があったわけか。
   うん。WRCと同じ標識を使って、ほぼ同じルールでやってますってね。日本のラリーというと、夜中にやってる計算ゲームという先入観があるかもしれんけど、今の全日本ラリーはそうではなくて、昼間にやってて一般の人も見れます、って強調しといた。
   機会あるごとにあちこちでそういう話をして、一般の人の理解を広めていくのは大事なことやな。
   しかし道は遠いわ。まだまだこれからや。ワタシの顔のシワが増えへんうちに、もっとたくさんの人が見に来てくれるようになってほしいなあ。
   大丈夫、心配いりまへんて。アンタみたいにごっついツラの皮してはったら、全然シワなんか寄りまへんわ。

Copyright (C) 2005 有限会社ニシオガレージ Nishio Garage Inc.