Q & A 2003

 

2005

2004

2002

2001

2000

             

No. 101

 
No.102-103
No.104-105
No.106-108
No.109-110
No.111-112
No.113-115
No.116-118
No.119-120
No.121-122
No.123-125
 No.126-127
No.128-130
No.131-132

No.133

No.134-135

No.136

No.137-141
No.142-144
No.136  11月20日受信 匿名希望さんから
Question

 初めまして。今年もシリーズお疲れ様でした。

 で、早速質問というより相談です。私は先日、地区戦のラリーに出場しました。このラリーでは優勝の可能性もじゅうぶんあったのですが、結果はSS3でコースアウト、リタイヤでした。SS1、SS2で10秒近く離されたので、これ以上負けると相手にプレッシャーを与える機会もなくなると思い、早い段階で勝負をかけてしまいました。

 自分は早い段階でタイムを出すことが苦手で、追い込まれやすいです。前半は苦手だから、勝たなくてもキロ0.5秒以内の差でついていきたいと考えるのですが、うまくいきません。最初からタイムを出す方法や、ペース配分についてアドバイスがあればお願いします。

 それともう一つですが、最近、スピードの見極めができないことがあります。まっすぐ突っ込んだりはしないのですが、頭を入れてからいくらアクセルコントロールしてもドリフトアウトしてしまいます。オーバースピードだと思うのですが、少し抑えるとガクンと遅くなります。

 周りの人たちには「もっと丁寧に走れ」と言われます。それは解っているつもりですが、自分の場合、林道はアクセルを踏み続けているほうがどんどんタイムが上がるんです。サーキットでは、丁寧な走りのほうがタイムが出るというのは経験しているのですが・・・。このままオーバースピードで走っていると、いつか痛い目に遭う気がします。どういう練習で運転を変えればいいのでしょうか? 参考までに、舗装ではうまくいきます。逆に、雪はまったくうまくいきません。ご意見のほど、よろしくお願いします。

 
 どうもこの状況から察するに、この人の場合は、クルマが自分のコントロールの限界を越えてることが多いんとちゃうやろか?
   うん、そうやと思うで。舗装ではうまくいくけど雪はまったくダメというのはその典型で、低ミュー路でタイムが出えへんのは、アクセルの踏みっぷりにコントロール能力が追いついてないからや。今の状態は、かなりキケンやな。
   自分でも危ないと思って、こんな相談をしてきはってんね。でも、この状態って、前にビビリの話(No. 103)でも出てきたけど、自分が自分の限界を越えてることが自分でわかってないってことやろ? どうしたらええん?
   それは自分で意識して直していくしかないやろなあ。タイムを出すためにとにかくアクセル踏む、という練習の仕方は、やめたほうがええわ。
   それで、どうすんのん?
   タイムよりもまず、どんなときも常にクルマを自分のコントロール下に置くことを、最重要に考えることや。そのうえで徐々にスピードを上げていくようにする。でも、スピードは上げても、そのときに自分がクルマをコントロールしてるのかどうか、それを常に意識してなアカンで。
   ま、それしかないわなあ。
   たとえば、「今日の課題」というようなものを自分で決めて、それがどのくらい達成できてるか、というのを常に自己分析してみるようにしたら、自分はコントロールできてるかできてないかというのも、もっと意識しやすいかもしれへんな。
   なるほど、それは一つの方法かもしれへんね。
   意識するしかない、と言うとあまり効き目がなさそうに聞こえるかもしれへんけど、実は、意識するのとせえへんのとでは全然ちがうんや。どんなことでもそうやろ?
   そういえばそうや。肥満を防ぐにも、「太ったらアカン」て考えるだけでかなり効き目があるらしいし、ストレッチするにも、「○○に意識を集中して」とか「気が足先から入って頭のてっぺんから抜ける感じで」とかいうふうに意識する。どういうスポーツの練習でも、「意識すること」が重要視されてるよね。
   匿名希望さんは雪を走れる機会も多そうやけど、それは幸運なことやで。雪の上は、クルマのコントロール能力を高める練習がかなり低いスピードでできる。スピードが低いから操作もゆっくりで、いろんな操作の確認がしやすい。ということは、「意識」もしやすいやろう。
   せやから、冬になったらみんな雪上トレーニングをするんやね。
   雪の上で、どんなときもクルマを自分のコントロール下に置くことを念頭に練習したらええわ。ブレーキ踏んだときも、アクセル踏むときも、スライドするときも、いつもやで。
   だそうです。
   そこでやな、雪道やヌタヌタといった低ミュー路で安定して走るために、ワシが実践してることを一つ教えると・・・
   知ってる。ブレーキングドリフトを使えへんことやろ?
   そうや。ブレーキングドリフトは硬い路面では有効やけど、グリップの悪い路面では失敗する確率が高い。雪道では絶対にしたらアカンと言うてもええぐらいや。
   ではどうするかというと・・・
   コーナー進入前に減速を済ませて、アクセルを踏み込むことでノーズをインに向ける。フロントタイヤのトラクションでクルマの姿勢を変えるんや。リヤをブレークさせて曲げるのとは違う、ということが重要やで。
   それで姿勢が変わったら、あとはアクセルを踏み込んでコーナーを回っていったらええわけやね?
   うん。しかしそのときに、減速が不十分でスピードが高すぎたり、スピードの割にアングルが少ないと思ったら、一瞬アクセルを抜くか、チョンとブレーキを踏むかして、適切な姿勢とスピードに調整する。そうやってアクセルを踏み込んで曲がっていけばいい。
   ちょっと聞いただけでも、この方法で走ればコーナーの途中でコースアウトしてしまうことはなさそうに思えるなあ。それに、これはWRCでも主流の走り方やろ?
   まあ、詳しい話は別の機会にまわすけど、基本的にはそうやな。とにかく、こういう走り方をしたらぐっと安定感が増すよ。低ミュー路面でも失敗が格段に少なくなるはずや。
   一応確認すると、アクセルを踏み込んでノーズをインに向けるとか、アクセルを踏み込んでコーナーを曲がっていくっていうのは、デフが効いてないとムリやね?
   そらそうや。この人ぐらいのレベルやったら当然、デフを効かせたクルマに乗ってるやろう。まあ、こういうことを考えながら、この冬は練習してみたらええんとちゃうかな?
   決して、タイムを追求して「雪壁走行」したりせんようにね。
   あれはちょっと特殊やからな。ダートや舗装を走るのとは逆の操作をあえてするわけやから。
   でも、スノーラリーに出るんやったら、そんなこと言うてられへんかな?
   雪はまったくアカンらしいから、スノーラリーなんか出んでもええやん。それより、今の時期はコントロール能力を高める練習に専念したほうがいいよ。
   コントロール能力が高まれば、自分のフトコロも広くなるわけやから、ペース配分も自然と自分の限界内で調整できるようになるんとちゃう?
   口で言うほどカンタンなことではないけど、たしかにそうや。ワシでも時々自分の調子がつかめんことがあるけど、そういうことは昔に比べたら今はずっと少ないからな。
   ということですので、春になって雪が融ける日を楽しみに、今は練習に励んでください。
   ホンマに雪解けというのは待ち遠しいもんや。イワナもさぞかし腹をすかしてることやろう。ワシが行って、早ようエサを食わしてやりたいわ。
   エサを食わせるんやのうて、一瞬くわえさせるだけやろ? かわいそうに。
   かわいそう? ほんならワシが釣ってきたイワナ、絶対食うなよ!
   何を言うてんのん。せっかく釣られたのに、食べてあげへんかったら甲斐ないやん。ワタシみたいに、美味しい美味しいて喜んで食べる人に食べてもらってこそ、イワナもシアワセっちゅうもんや。
   ああまたいつもの都合のええリクツや。あんたには負けますわ。

Copyright (C) 2005 有限会社ニシオガレージ Nishio Garage Inc.