Q & A 2004

 

2005

2003

2002

2001

2000

  

No.145-146  
No.147-148
No.149        
No.150-151
No.152-153
No.154-155
No.156-157
No.158-159
No.160-161
No.162-164
No.165       
No.166       
No.153  2月10日受信 大阪府・ティモ=佐トネンさんから
Question

 初めまして、ではなくて、実は一度だけ西尾さんにプラザ阪下で助手席に乗せていただいたことがあります。あの時は貴重な体験をありがとうございました。いつもHP楽しく拝見しております。また、影ながら全日本および国際格式ラリーでのご活躍を応援しております。

 ここからが質問なのですが、左足ブレーキについてです。さまざまな雑誌を読むと、この技術の必要性を考えさせられます。最近は全日本のトップの方々も左足ブレーキを習得されるという話を耳にします。自分も練習し始めましたが、右足で踏む時と左足を使用する時とでさほどタイムに差が表れません。(シフトダウンを伴うコーナーでは右足です。)その理由を考えてみるに、ホームコースで道も覚えており、あらかじめ左足でいけるところを想定して走っているからなのでしょうか?

 ラリーではそのようなことはなかなかないと思うのですが、実際に本番で効果的に左足ブレーキを使用できるようになるための練習は、どうすればいいのでしょうか? また、西尾さんは全日本ラリーでは左足ブレーキを使われているのでしょうか?

 
   佐トネンさんて、このメールをくれた後、DVDを買いにガレージまで来てくれた人やね。ドライビングについては、そのときにいろいろ話してたみたいやけど・・・
   うん、せやから、もう話は済んでるねん。
   ふーん、それで、どうなったわけ?
   たぶん、練習で左足を使っても使わなくてもあまりタイムが変わらんというのは、佐トネンさんが考えてるように、ホームコースやからという理由が大きいと思う。徹底的に走り込んで熟知している道というのは、左足ブレーキに限らず、何をやっても差が現われにくいからね。
   せやから、車両セッティングやタイヤのテストをするときは、なるべく知らない道で、しかも、何か所か場所を変えて、テストするんやね。
   うん。でも、ドライビングの練習の場合、たいていはよく知ってる場所で繰り返し走ることになる。そんなときは、タイムよりも、自分でクルマを思うようにコントロールできたかどうか、気持ちよくアクセルが踏めたかどうかに注意して練習するほうがいいと思うよ。
   タイムが一番良かったからといって、その走り方がどんなときにも一番速いとは言い切れへんのやしね。といっても、明らかに遅くてもやっぱりアカンから、タイムはある程度参考にせんとね。
 

 テクニックというのは、ただ「練習」するだけでは身に付かへんと思うんや。練習して、本番で走って、失敗して、考えて、というのを繰り返していくうちに、それが本当に自分のモノになっていくし、「練習」の中でも何がより重要で何があまり重要でないかということもわかってくる。左足ブレーキを習得する場合も、そういう意味では、たとえばヒール&トウと同じやと思うで。

   なるほど。ヒール&トウは、操作自体はちょっと練習したらすぐにできるようになるけど、それを本当に効果的に使えるようになるには、場数を踏んで体で覚えんとしょうがないもんね。同じ踏力でブレーキを踏んでも、そのときそのときの路面状況やクルマの姿勢によって減速の度合いもちがうし。
   左足ブレーキもそのほかのテクニックも、そういう意味では習得までの過程はどれも同じやないかな? せやから、いろんな場所で、いろんな路面状況のときに、練習するのが理想的やし、必死になってる本番のときが、やっぱり一番いい練習になると思う。
   ところでアナタの場合、左足ブレーキは使ってないし練習もしてないでしょ? それは、今乗ってるクルマが、シフト操作に左足を使わざるを得ないから?
   うん。スタートしてしまったらずっと左足はブレーキ、右足はアクセルで完全に分業体制になってたらええけど、今のクルマでは、左足でブレーキとクラッチを使い分けなアカンからな・・・
   うっかりクラッチの感覚でブレーキを踏んでしもたら、ドッカーンてブレーキが効いて、えらい目に合うからなあ・・・昔、やってみてビックリしたもん。
   その程度の感覚は、たぶんちょっと練習したら身に付くと思うんや。ただ、クラッチ操作とブレーキ操作がほとんど同時に必要なときは、今度は右足でブレーキを踏まなアカンやろ? ブレーキを右で踏むか左で踏むか、とっさに間違いなく判断せんと。判断の間違いは、結局タイムロスになるからな。
   そう考えたら、今のクルマで左足ブレーキを使っても、本当に速く走れるかどうか疑問ということ?
   左足ブレーキを使ってる何人かに聞いてみたら、やっぱりそのあたりは難しくて、いったん左足でブレーキを踏んでから、途中で右足に踏み替えることもあるて言うとった。そんな器用なこと、オレには到底ムリや。
   そうかなあ? 西尾センシュといえば、手足の動きが速すぎて、どんな操作をしてるのか、見ててもわかれへんし本人もわかれへん、とまで言われるぐらいでっせ。左足でブレーキ踏んでから右足に踏み替えるぐらい、朝メシ前でしょ?
   なんかドサクサに紛れて変なこと言えへんかったか? まあとにかく、今は左足はクラッチ操作をしてるだけやけど、ノンクラッチシフトができるようなミッションが手に入ったら、もちろん、左足ブレーキを完全にマスターするで。
   そうか、楽しみやね。左足がクラッチ操作から解放されたら、体力的にはすごくラクになるから、老人になっても安心や。ドライバーはコドライバーとちがって遠くだけ見てればいいから、老眼が進んでも大丈夫やし。テクノロジーの進歩のお陰で、ラリードライバーの寿命はますます延びるねえ。
   ふん、相変わらず気にくわん言い方やけど、この際、耳が遠くなったフリでもしといたるわ。

 


No.152  2月10日受信 大阪府豊中市・匿名希望さん(24歳・女性)から
Message  大阪オートメッセに行って、初めて「生(なま)西尾さんカー」を見ました。リアガラスに書かれてる名前を見て、「これで走ってるんだ」って思ったら、凄い感動しました☆ブースの方が、「乗ってもいいよ」と言ってくださったので失礼して中に乗ってしまいました!ごめんなさい!でも、めっちゃ嬉しかったです!私はまだ競技には出たことはありませんし、まだまだへたっぴですが、いつかラリーのナビがしたいです。今年は友人が出場するラリーにくっついて行くので、どこかでナマ西尾さんとナマ山口さんに会えたらいいなぁって思ってます!(山口さんは私の憧れ・・・カッコいいし、勝手ながら私の目標です!) これからも頑張ってください、応援してます☆
 
   カワイイやんか〜、こんな子に応援してもろたら、ワシ、ますますハリキッてしまうなあ。オバハンのことをカッコええとか言うとるのはヘンやけど。これはたぶん、人ちがいやな。
   どうやって人違いするわけ?女の人なんか他にはほとんどいてへんのに。
   男とまちがえてるんやがな。この子は、あんたがオバハンやとは知らんのや。まあ、そもそも、あんたはオバハンというよりオッサンやけど。
   どこが!?
   オシボリが出てきたら必ず顔と首すじを拭くやろ? それがオッサンの証拠や。だいたい、女の人は化粧してるから、絶対にそんなもんで顔を拭かへんわ。
   わかってないなあ。素顔がステキな、さわやかアキラコさんやからこそ、できることやがな。
   「〜やがな」とか言うてたら、いっこもサワヤカやないで。
   言葉づかいとサワヤカさとはカンケイないわ。
   いやもう、言葉づかいより何より、とにかくアンタは黙っとき。男は黙ってサッポロビールや。そうそう、ビール飲んで「プハーッ」て言うのもオッサンやで。
   やけに「オッサン」の行動に詳しいやん。
   ワシがそういうことするたびに、家のやつらに「ほら、それがオッサンや!」て言われるからな。
   もの覚えの悪いアンタでも、さすがにそうやって反復学習すると覚えるんやね。でも、せっかくそうやってご家族が一生懸命教育してらっしゃる割には、成果があがってないねえ・・・
   ふん、なんでそんなこと教育されなアカンねん。ワシはオッサンや。オッサンのどこが悪い!?
   こんなオッサンでよかったら、見に来て応援してやってください。私は、サワヤカな笑顔でお迎えしますよ。

Copyright (C) 2005 有限会社ニシオガレージ Nishio Garage Inc.