Q & A 2004

 

2005

2003

2002

2001

2000

              

No.145-146  
No.147-148
No.149        
No.150-151
No.152-153
No.154-155
No.156-157
No.158-159
No.160-161
No.162-164
   No.165
   No.166
No.159  3月8日受信 鹿児島県・東倉康一さんから
Question

  こんにちは。だんだん暖かくなり春の訪れを感じるとともに、私の鼻も鼻炎でガビガビになってきました。山口さんや西尾さんは大丈夫でしょうか? ところで、やっとプレステ2を購入してDVDを見ました。やはりビデオとは違って、すぐ見たいところに飛べるし、画像はきれいだし、本当に快適でした。欲を言えば車の解説とかも収録してほしかったなーと思いました。

 DVDを見てまたまた質問なのですが、ペースノートを読んで「右3 100」とか言ってますね。最初の数字はカーブの角度、後は距離だと思うのですが、山口さんが距離を「100」と言った場合、西尾さんは何で確認するのでしょうか?長年培った感覚で判断しているのでしょうか?

 もう一つは、SS区間に入る前と後でセンターコンソールのところのスイッチを操作していますね。あれはラリーモードにするためなのでしょうか?いつもつまらない質問ですみません。それではまた。

 
   せっかく季節感あふれるお便りをくれはったのに、返事が今ごろ(10月)になってしもたら台無しやなあ。
   そうやねえ。それならいっそのこと、あと半年ほど遅らせたほうがよかったかな? そしたらまた、ちょうど季節にぴったり合うで。
   そうやってすぐ安易なほうに流れようとする。それで何もかも先送りになって、結局いろんなことがほったらかしになるんや。『宿題は家に帰ったらスグやりましょう』て、学校の先生も言うてはったやろ? 後まわしにしたら、結局せえへんのが目に見えてるからや。
   宿題は、学校に行ってから提出する前に人のを写させてもらうのが、一番効率がええで。
   そういうことをしてるから、仕事するようになったら難儀するんやろが。
   いやほんま、オトナになるってしんどいことやねえ。
   誰がオトナやねん?・・・ところで、今回の質問についてやけど、本番走行中に、ノートで読まれた距離をワシは「確認」してるんやろか?
   ノートを書くときからして、コーナーを立ち上がったときに目の前にあるストレートの距離を、目測でテキトーに言うてるだけやもんね。
   そういう言い方すると、いかにも「テキトー」みたいやんけ。ワシの目測は正確無比や。
   ま、そういうことにしとくわ。コドライバーは、「ちょっと違うんちゃう?」と思っても、ドライバーが「100」と言うたら黙って「100」と書いて、本番はそのとおり読むのが仕事やからね。ドライバー自身の感覚では「100」やから、コドライバーが「これは80やで」と思っても、勝手に書き換えるわけにはいけへん。
   ワシの場合、パッと見て100メートル以下は目測や。100以上あると思ったら、コドライバーにトリップメーターを見させて計測させる。
   ドライバー用のトリップメーターをつけてる人もいるよ。レッキのときは、ステアリングにつけたトリップメーターのクリアボタンを、ドライバーが自分で操作してストレートの距離を測って自分で読んでる。
   でも、距離の目測なんかスグに慣れるし、国内ではレッキにも本番車を使うことがほとんどやから、全日本でそんなメンドクサイことしてるヤツはおらへんやろ?ドライバー用のトリップとクリアボタンなんか、本番車についてたら邪魔やから、いちいちレッキのときだけ付けて、また外すんか?
   たしかに、全日本ではほとんど見かけへんけど、海外ではレッキ車と本番車は別やし、100メートル以上のストレートも多いから、ドライバー用トリップがあるとけっこう便利かもね。まだレッキに慣れてなくて距離の目測に自信がない人は、いっぺん試してみたらどうかな?
   目測で入れた距離の場合は、走るときにどうやって「確認」するかというと、やっぱり「長年培った感覚」で、という答えになるんやろな。
   200以上のときは100メートル単位でカウントダウンさせるドライバーもいるけど、それより短い場合は、きっとみんな「長年培った感覚」やろね。
   たぶん、ノートを書いたときと同じように、コーナーを立ち上がってストレートが目に入った瞬間に「確認」してるんやと思うで。しかしそのときにはたいてい、もう次の情報を聞いてるから、この作業はほとんど無意識のうちに終了してるんやろな。
 

 考えてみたら、コドライバーもストレートの距離を「長年培った感覚」で「確認」してるよ。いや、ストレートの距離だけでなくて、コーナーのベンドもその他のことも、ノートに書いてあったことはノートのとおりかどうか常に確認してないと、どこを読んでるのかわからんようになる。ただし、前はときどきチラッとしか見られへんから、ストレートの長さやコーナーのベンドは、身体に感じる横Gの強さとか向きとか時間の長さで「感じ取る」ことが多いな。

   せやから、霧が濃くなったらノートがハチャメチャになるねんな。視界がクリアなときに比べたらスピードが落ちるから、普段感じるよりもストレートの通過時間は長くなるし、コーナリングスピードも低いから横Gもいつもより少ないし。
   あんたがノートを心の底から信じていつもと同じスピードで走ってくれたら、ノートももっと読みやすいのに。
   何を言うてんねん。ドライバーのビビリ度に合わせてノートを読むスピードを調節するのが、優秀なコドライバーやんけ。オマエはまだまだ修行が足らんな。

 


No.158  2月27日受信 東京都・くわきさんから
Message

 2002年版のDVDを観ました!その感想を送ります。最初に、失礼ながら予想してた以上にメニューやコース図がちゃんとしてるなぁと思いました(笑)。

 影像は、素人の自分にとっては驚くポイントが多々あって、「このスピードは(自分的に)ヤバイ!」とか、「そこまでゆっくりじゃないと滑るの?」などとTV画面の前で緊張しきりでした。個人的には非常に中身の濃い映像で、「買って良し!」でした。

 あと、意外な事実を発見しました。自分は書店のリンドバーグで購入したのですが、その際に:

 店員「これ全部車載ですけど、よろしいですか?」

 自分「ええ、いいですよ」

 店員「全日本は(WRCと比較してどこが)面白いですか?」

 自分「実は僕も初めてなんです(笑)」

 店員「そうなんですかぁ(笑)」

というやりとりが。

 でも確かに、WRCでも車載映像ばかりだと買う時にちょっと悩んだりするのですが、今回とても楽しめたのはなぜだろう?と考えました。思うに、WRカーで海外を走るWRCと比べて、見たような景色で右ハンドルで市販車に近い(WRカーに比べれば)、という部分で「自分にも出来そうかな?いや、やっぱりここが全然違う!」と興味が沸いてくるからでしょう。

 派手なアクションを見たい人には物足りないかもしれませんが、どうしたら速く走れるんだろうと思ってる人にはオススメできる1本ですね。あ、ついつい長文になってしまってすみません。今シーズンも活躍を期待していますので頑張ってください!

 
   「予想してた以上にちゃんとしてる」ていうのは、ホメられてるのかなあ?
   そらそうや。ちゃんとしてるんやもん。
   アッサリそう言えるあんたは、シアワセやで。
   実のところ、コース図の見本を見せてもらったとき、あまりにも立派なんで私もビックリしてん。西尾雄次郎インカーDVDが、こんなにちゃんとしててええんかな?って。
   オレのDVDがちゃんとしてたら悪いんか?
   いや、そういうわけではないけど。全日本に出てる一個人の自主制作ビデオやのに、まるでWRCみたいやんか?
   全然ちゃうやんけ。
   まあ、全然ちがうねんけど、もうあのコース図のフンイキだけで、私の頭の中では、「気分はWRCビデオ」やねん。
   やっぱりシアワセやな人間やな・・・
   なにしろ、優勝してシャンパンファイトするときは、「気分はシューマッハ!!」やしね。
   あんたがシューマッハやったら、オレはいったい誰やねん?
   う〜ん、1位が2人というわけにはいかんから、スカートをはいた自称牧師さんにでもなっといたら?シルバーストンやアテネオリンピックのマラソンに出て来たあの・・・
   オマエがミハエルでオレはお騒がせ男か!?ええかげんにせえよ!!!

Copyright (C) 2005 有限会社ニシオガレージ Nishio Garage Inc.