Q & A 2004

 

2005

2003

2002

2001

2000

              

No.145-146  
No.147-148
No.149        
No.150-151
No.152-153
No.154-155
No.156-157
No.158-159
No.160-161
No.162-164

   No.165     

   No.166 

No.164  9月12日受信 兵庫県尼崎市・獄貧さんから
Question  DVD見てて思ったのですが、コドライバーさんがノート見ながら読んでて、舌噛んだりしませんか?普通の舗装路ならいいけど、ダートだと・・・?? 熟練のたまものなんでしょうか??
 
   あの程度なら、振動そのもののせいで舌を噛むということはないと思うけど。もし機会があれば、ダートで全開走行するクルマに乗せてもらってしゃべってみたらどうやろ? 意外としゃべれると思うよ。
 
   しかし、ラリーみたいなスピードで走るクルマに乗ることなんか、普通はないやろ? そういう振動やスピードに慣れてない人の場合、ラリー車の助手席に乗るだけで緊張して言葉が出えへんかったり、しゃべったら舌噛むんちゃうかと思うと怖くてしゃべられへんかったりするのかもしれへんで。
 

 

 まあ、そういう意味では、あれは「熟練のたまもの」ということか?
 

 

 「熟練」というほどのもんではないな。単に「慣れてる」だけやろ。

   

 でも、ノートを読んだとおりにクルマが動いてくれてる限りはいいけど、予想外の動きをされると、舌噛むこともあるんやで。
 

   

 予想外て、どういう意味や?
 

   

 クラッシュしたりコースアウトしたりするときや。
 

   

ふん、長年やってたら、当たるか当たれへんかぐらい、その直前にわかるやろが。
 

 

 前を見てたらわかるけど、ちょうど下向いてノート読んでるときに突然くることもあるからな。ずっと昔、ノートを読んでる最中に左前輪から縁石に当たられたとき、顔というかヘルメットを左側の窓ガラスにバコーンてぶつけて、マジで舌を噛んでしもたわ。

   

へえ、そんなことあったかなあ?
 

 

 この前のキロロでも同じような感じで窓に、いや、あのときは窓を破って立ち木に、バコーンてヘルメットを叩きつけられたけど、このときはもう当たる覚悟はしてたし、しゃべってなかったから、舌は噛まずにすんだ。衝撃は今回のほうがずっと凄かったけどね。

   

 それはやっぱり長年の経験のタマモノやな。打たれ強くなった、ということやで。
 

 

 そういうモンダイとちゃうやろ! しかし、舌噛んだら口の中が血でヌルヌルになって気持ち悪かったわ。それに、「リタイヤしたから今日はゆっくりたっぷり食べて」ってサービスクルーがおいしい焼きソバをたくさん作ってくれたのに、舌が痛くてほとんど食べられへんかったし(涙)・・・

 

 それで覚えてるんやな。食い物の恨みは根深いからな、特にオマエの場合は。

 

 私にとっては、あれが今までラリー中に経験した最大の負傷や。あんなに出血したことは、いまだかつてないもん。二度とあんな目に遭いとうないわ。

 

 ああ、そうやな、舌を噛んだら痛うてメシが食われへんもんな。わかったわかった。

 


No.163  8月23日受信 兵庫県加古川市・匿名希望さんから
Question  2002年版ビデオ、拝見させていただきました。2003年版、楽しみにしておりますので必ず制作してください。ところで質問ですが、SSをフィニッシュした後に、西尾選手がセンターコンソールのあたりをさわっているのが見えるのですが、何をされているのですか?差し支えなかったら、教えていただけませんか?
 
   そういえば、センターコンソールのスイッチに関する質問が前にもあったのに、答えてなかったな。
   うっかり忘れて失礼しました。でも、本人にはすぐにメールで返事をしてあるから。なにしろ、掲載を待ってると、いつになるかわからんし。
   ほう、珍しく自覚してるな。それに、掲載が遅れることを見越して先に答えとくなんて、あんたにしてはずいぶん気の利いてることで。
   今年は開幕までが長かったせいか、Q&Aコーナーへの質問やメッセージもいつになく多かったうえに、ニシオガレージの引越しのせいでさらに掲載が遅れていってたからね。
   それでとうとう追いつくのをあきらめて、3月の質問の次がいきなり7月になったんやな?
   気がついた? でも、「すべてのご投稿を掲載・ご返答することはできませんので、ご了承ください」ってあらかじめお断りしてあるから、ええやろ?ステッカーは必ず送ってるし。
   まあ、大阪のオバハンがすることやからしゃあない、ということで無理矢理ナットクしてもらお。ほんでセンターコンソールのほうやけど、この質問にある動作はアンチラグシステムのスイッチを切ってるところや。
   アンチラグシステムはSSスタート15秒前ぐらいにスイッチを入れて、フィニッシュするとすぐに切るんやけど、DVDにはどのSSもスタート数秒前からの映像しか入ってないから、スイッチを入れるところが映ってないんやね。
   特にスタート前は、スイッチを入れたときにエンジン音が変わるのがよくわかるから、それを見たら何のスイッチか想像がついたかもしれへんな。
   今年はセンターコンソールにはインターコムのアンプがあって、アンチラグシステムのスイッチは別の場所に移ったね。それは2004年版DVDを見て探してもらおうことにしよか。
   この人は「2003年版、必ず制作してください」て書いてはるけど、すでにもう2004年版をつくる時期になったんやなあ・・・
   今でも「2003年版のDVDはいつ出るんですか?」っていう質問がちょくちょく来るから、この際、2003年と2004年の映像をまとめた2003-2004年版を作ろうかと思ってるんやけど。
   2003年は全日本ラリーでも32φのリストリクター装着が義務付けられて、前年までに比べてガクンとスピードが落ちたから、それまでのビデオと見比べたら迫力がないような気がするなあ。やっぱり、出す以上は前作を上回る内容でないとあかんから、2003年版なんかいらんのとちゃうか?
   2003年でもウェットのネコステや、アクセルワークも録画したハイランドマスターズは、じゅうぶん迫力あると思うよ。2004年はクルマの熟成が進んで、コースによってはリストリクターをつけてない頃よりも速くなったから、同じコースの比較とかも入れて作ったら、面白いんとちゃうかな?
   ふうん、まあ好きにして。それで、いったいいつできるんや?
   さあ、それがモンダイやね。
   やっぱり、あんたと話をするのは時間のムダやったか・・・
 
No.162  8月24日受信 京都府・@ももさんから
Question  こんにちは。DVD無事届きました。晩ご飯のおかずを先に作って、ご飯を炊いている間にラリー観戦を始めたのですが、テレビ画面で酔ってしまい、晩ご飯ヌキです! 本番ラリーは想像を絶するものでした。「のんびりした優しいおじさん」に見える西尾さんから、どうしたらあんな走りが出てくるのか不思議です。ガードレールもない所に、飛び込んで行かんばかりの勢いで進入し、あっ☆と思った瞬間にもうアクセルを踏んで次(というかずっと先?)のコーナーに向かっている。穴が空き、葉が落ち、砂や岩や木が転がっていて霧まで出ているマジの道路で、しかも「足がとれた」と言いながら、まだアクセルを踏んでいるなんて、とてもじゃないけど、観戦で大満足(=同乗は絶対無理)です。DVDを見て思ったのですが、ラリーはモータースポーツの中で唯一(知っている限り)ドライバーとコドライバーによる「二人三脚」で、お互いに信頼し合ったパートナーが同じ目的を達成するために力を合わせて闘う素晴らしい競技ですね。見ていて感動しちゃいました。ラリーはいくつものSSを走るので、ドライバーがすべてのコースを覚えるのは無理ですよね。とすれば、ドライバーもコドライバーに命を預けているし、コドライバーも、アホだったり腕を信用できないドライバーには命を預けられない。山口さんは、西尾さんが走行中に「あ〜」とか言うとビビリませんか?
 
   ドライバーが「あ〜」とか言うてても、「まあ、大丈夫やろ」と思ってとりあえずノートを読み続けるときもあるし、「あ〜」と言うてなくても、「こらもうアカン」と覚悟を決めて身構えることもあるなあ・・・
   オレは「あ〜」なんて言えへんわ。いつも黙って静かに運転してるんやから。
   あ〜」よりも「うわーっ」のほうが多いかな? どっちにしても、ワタシが平然としてるかビビるかは、ドライバーが叫んでるかどうかよりも、自分がその状況をどう感じるかによるな。
   オレは「うわー」も言えへんわ。まあ、たまに声出すとしたら、小さく「おっと・・・」てつぶやくぐらいやな。
   西尾センシュの場合、「うわ〜」とか「ひや〜」とか言ってるときは、そう言いながらリカバーしてることが多いと思うよ。ホントに当たるときは、何を言う間もなくいきなりドカン!やね。
   せやから言うてるやろ、オレは当たるときに「うわ〜」とか「あ〜」とか、情けない声は出せへんのや。
   たしか、DVDに入ってたアルペンのSS9では、当たってから「うわ〜っ」って言うてたで。
   あのなあ、当たってから声出してたなんて言うたら、まるでオレがメッチャ鈍いみたいやんけ。あれは「えらいことしてしもた」ていう後悔の叫びで、当たりそうになって叫ぶフツーの「うわ〜っ」とは別のもんや。
   そういえば、あの声、なんとも判別しがたい発音で、字幕を入れるときに編集者の人も困ってはったで。「あ〜?い〜?う〜?何でしょうね??」って。
   それだけオレにとってはショックが大きかったんや。
   最終的に字幕は「うあ〜」になったけど、「××〜」にしといたほうがよかったかな?しかしそうすると放送禁止用語を叫んでると誤解されるかもしれんし・・・
   なんであの場面でオレが放送禁止用語を叫ぶねん!? 誰もそんな誤解せえへんわ。
   それにしても、ずうっと昔は、「うわ〜っ」って叫んで硬直したまま、なすすべもなくコースアウトしたこともあったけど、さすがに今はそういうことはないなあ。
   ふん、いったい、いつの話をしとるんや?
   だからずうっと昔、アナタがまだ若くて未熟な頃の話ですよ。誰でもそういう時代があったってことを知ったら、今はまだそういうレベルの人も、「そうか、よし、頑張ろう」って気になるかもしれへんね。
   ワシは今でも若いがな。しかし未熟ではなくてじゅうぶん熟しとる。なにしろ「熟年」やからな。
   はあ、なるほどねえ・・・

Copyright (C) 2005 有限会社ニシオガレージ Nishio Garage Inc.