Q & A 2004

 

2005

2003

2002

2001

2000

              

No.145-146  
No.147-148
No.149        
No.150-151
No.152-153
No.154-155
No.156-157
No.158-159
No.160-161
No.162-164

   No.165 

   No.166

No.165  10月25日受信 滋賀県・サルロス・カインツさんから
Message

ハイランドマスターズお疲れ様でした。そして、6位入賞おめでとうございます。やっぱりラリーはいいですね。今回は妻&犬連れだったのでサービスには行きませんでしたが、充分楽しめました。(妻&犬はラリー初観戦でしたが、こちらの心配をよそに喜んでました。)全日本ラリーの観戦は久しぶり(12〜3年ぶり?)でした。実は鈴鹿のオールスターダートラで西尾さん達の走りを見て自分もラリーやダートラに出ていました(初中級戦ですが)。紫色のカリーナは当時も、うらやましくなかったけど(失礼)、華麗なテクニックは憧れでした。今年に入ってたまたまこのHPを見つけて、またラリー熱がぶり返しそうです。それにしてもあの頃憧れだった西尾さんや綾部さんが、まだトップクラスで走っておられるとは。これからも応援していますので、頑張ってください。

 
 

 紫色のカリーナ? メッチャクチャ古い! 私も話に聞いたことがあるだけで、見たことないわ。調べたところ、1983年のオールスターダートラで総合2位になったクルマのことらしい。

 

 ふうん、そういえばそんなこともあったような・・・しかし、「当時もうらやましくなかった」って、なんちゅうこと言うんや。ワシのハイセンスな色づかいを理解しとらんな。

 

 5年ほど前に玉虫色の塗料を塗ったときも紫色やったけど、あれも評判悪かったやん。

 

 カリーナの紫はあんなもんとちゃうで。なんと言うか、なんとも言えん色や。 

 

 あんまり使うことがなくて余ってた塗料やから、えらい安く塗ってもらえたとか聞いたで。いや、バカにしてるんとちゃうよ。その色がハイセンスすぎるから、一般人には理解されへんかってんやろな、って言うてるんやで。

 

 うまいこと言うやんけ、オマエもだいぶん成長したな。

 

 ハイ、それはもう。それで、その伝説の「紫のカリーナ」がどんなふうやったか、サルロスさんにメールで追加取材してみたら、「ボロかったけど、足がしなやかで、コーナーの立ち上がりでリヤがググッと沈み込んで、いかにもトラクションがかかっていそうで、カッコ良かった!」そうですわ。

   

 「ボロかったけど」は余計や。そこはカットせんかい。やっぱりまだまだ成長が足らんな。
 

 


Copyright (C) 2005 有限会社ニシオガレージ Nishio Garage Inc.