NISHIO GARAGE


Release 2001         

Vol. 1 Vol. 2 Vol. 3 Vol. 4 Vol. 5 Vol. 6 Vol. 7 Vol. 8 Vol. 9 Vol. 10 Vol. 11 Vol. 12 Vol. 13 Vol. 14 Vol. 15 Vol. 16 Vol. 17 Vol. 18

 

 

2001  Vol. 9 issued June 4


全日本ダートトライアル選手権第4戦ダートスプリント in MSSP

 

真打登場! 北村、待ちかねた今季初勝利

〜 インプレッサGDBには全日本ダートトライアル初勝利をプレゼント 〜

 

 

 クルマのポテンシャルはじゅうぶんなはずなのに、なぜ勝てないのか? そんな疑問の声を吹き飛ばすような北村 の快走に、ファンは歓喜し、周囲は胸をなでおろした。

 

 ここSSパークサーキットは、北村 がもともと得意としているコース。本人も、「今回はクルマがどうであれ、最初から勝とうと思ってたし、勝てるとも思った」と、去年と同じようなことを言う。「でも、今年の場合は、もしもここで勝てなかったら、というプレッシャーがかなりあったけどね」とも。

 

今回のコース設定は、ほとんどの部分が高速で、低速でセコセコ走るのは「最後のほうにちょこっとあっただけ。」そのことも北村 にグッとやる気を起こさせたにちがいない。さっそく1ヒート目にベストタイムを記録した。

 

でも、2ヒート目にタイムが落ちた理由は?「コースに水を撒いたんだけど、どこがウェットになってるかというのをちゃんと把握してなかったもんで」と北村 。これも得意コースで1ヒート目にベストを出したという余裕の表れか? 結局、1ヒート目の北村 のタイムを誰も更新できず、遅ればせながら、北村 の今シーズン初勝利が決定した。

 

 前戦の丸和で北村 の走りを見て感動したファンが、「絶対勝てます」と太鼓判を押してくれていたが、その予言が早くも的中した格好だ。このメッセージについて北村 は、「いつも必ず、どこかで見ている人がいる、ということを思い出させてくれた。自分の走りを見て感動してくれる人がいるということも。そういうことを忘れずに走らなければいけないな、と改めて思った」と言う。これからの快進撃を期待しよう。

 


A4クラス競技結果

順位 ドライバー 車両 タイヤ 決勝タイム
1位 北村和浩 インプレッサGDB FK 1:24.519
2位 荒井信介 ランサーEvo.6 YH 1:24.618
3位 赤羽政幸 ランサーEvo.6 FK 1:24.662
4位 炭山裕矢 ランサーEvo.6 BS 1:24.749
5位 宝田芳浩 ランサーEvo.6 YH 1:24.826
6位 屋代博美 ランサーEvo.6 BS 1:25.004

 

Date  2001年6月23日
Place

福島県・SSパークサーキット

Data  晴れ/路面ドライ