NISHIO GARAGE


Release 2005      

Vol. 1 Vol. 2 Vol. 3 Vol. 4 Vol. 5 Vol. 6 Vol. 7 Vol. 8 Vol. 9 Vol. 10 Vol. 11 Vol. 12 Vol. 13

 

 

2005  Vol. 12 issued Nov. 8


Nishio Garage Cup VFN Super-G 2005 最終戦 フェスティバル

 

悲喜こもごも、でも納得の最終戦

〜 「走り」に注目した審査委員特別賞も 〜

   

  厳冬の1月末に始まり、10月15日には7回を終了した「一皮剥くぞ練習会」。うち3回に併催されたJAF公認クローズド競技会「Nishio Garage Cup VFN Super-G」は、今日11月3日を第4戦としてその締めくくりを迎える。

 じつは、このVFN Super-Gシリーズジムカーナは、最初から11月3日を最終戦としてスケジュールが組まれているのだが、それはこの日が「晴れの特異日」だから。統計的に晴天の確率が非常に高いだけあって、 今年も会場の名阪スポーツランドでは、朝降っていた雨が競技開始前にやみ、足慣らしの第1ヒートはややウェット、勝負の第2ヒートはほぼ完全ドライという良好な路面コンディションに恵まれた。 

1年間の集大成を期す最終戦らしく、「フェスティバル」と銘打ってクローズド競技会ながら賞品も豊富に用意されている。しかし、各クラスの上位を狙う者にとっては「シリーズ優勝」がそれ以上に魅力的な“賞品”のようだ。なにしろ、優勝者には来年1年間、「一皮剥くぞ練習会」に無料参加できるスカラシップが用意されている。公認競技会にシリーズ参戦していい成績を収めるには、コンスタントに練習を重ねることが大切で、スカラシップはそういう練習の機会を約束してくれるからだ。 

 さてその注目の戦いの結果はというと、LWクラスは藤林伸吉アルトがいつものとおりぶっちぎり優勝。4戦すべて優勝で文句なしのシリーズチャンプ獲得となった。SLWクラスは、第3戦に続いて山本智史インテグラが、第1・2戦の覇者・上田成宏ロードスターをくだして2連勝。しかし、シリーズタイトルは、第3戦、第4戦とも2位につけた上田選手のもとに。 

 混戦のSTCクラスは、本人が「自分でもあのタイムは信じられなかった」と驚いた中村寛ロードスターが会心の走りで初勝利を手に入れた。優勝はないものの、上位ポイントを重ねてシリーズ1位に手が届きかけていた江川武考インテグラは、第2ヒート激走中に「神を見た」(?)とかでコースアウトして戦線離脱。結局、今回も2位と着実に上位入賞を続けた奥崇史S2000がシリーズチャンピオンを獲得した。 

 SSTCクラスは全日本戦でも活躍している上月斉シビックが格上の走りで優勝。今回は第2ヒート後半でミスをして7位に沈んだが、前田忍インテグラがシリーズ最多ポイントを積み上げてスカラシップを手にした。 

 さらに、今回の「フェスティバル」では、協賛・協力各団体の代表者や関係者らが“審査委員”として、それぞれの価値観で「素晴らしい走りを見せてくれた」選手を選んで表彰するというオマケも。西尾雄次郎賞はSLWクラスの山本智史インテグラ、ブリヂストンタイヤ賞はSTCクラスの中山務CR−X、FeG Power賞は高橋卓矢インプレッサGDB、Power Cluster賞は中村寛ロードスター、名阪スポーツランド賞には西村拓郎TE27レビンが選ばれ、審査委員特別賞としてそれぞれの賞にちなんだ賞品が授与された。

LWクラス上位入賞者(出走6台)

順位

ドライバー

車両

型式

Best Time

1位

藤林 伸吉

TLB-R 紺あると@朋茶工房

E-HB21S 1:12.441

2位

西村 拓郎

双栄自動車☆WIZARDレビン

TE27 1:21.399

3位

校條 史典

だめじゃなーいカプチーノ

E-EA11R 1:22.820

 

SLWクラス上位入賞者(出走10台)

順位

ドライバー

車両

型式

Best Time

1位

山本 智史

インテグラ

E-DC2 1:15.172

2位

上田 成宏

ユーノスロードスター

NA6CE 1:16.484

3位

古畑 裕文

書のココロWZDシビック

GF-EK9 1:18.851

 

STCクラス上位入賞者(出走15台)

順位

ドライバー

車両

型式

Best Time

1位

中村 寛

ウィザードロードスター

E-NA6CE 1:11.117

2位

奥 崇史

モノリスS2000

LA-AP1 1:12.508

3位

田才 博志

WIZARD来年はどうする?インテグラ

E-DC2 1:14.101

4位

中村 進

WIZARD S2000

E-NA6CE 1:14.464

5位

寺谷 正樹

シビック

LA-AP1 1:14.921

 

SSTCクラス上位入賞者(出走15台)

順位

ドライバー

車両

型式

Best Time

1位

上月 斉

シビック

E-EK9 1:10.304

2位

芳賀 純

ランサー

GH-CT9A 1:10.688

3位

佐野 雄祐

カメインプ

GDB 1:11.398

4位

石垣 宏仁

ファインアートMR2

E-SW20 1:11.938

5位

生田 輝明

ニシオガレージインプレッサ

GC8 1:12.519

6位

宇野 善雄

WIZARDインプレッサ

GDB 1:12.660

 

Date 2005年11月3日(木・祝)
Place

奈良県山添村・名阪スポーツランドCコース

 

注:上記クラス分けは改造度による主催者独自の排気量換算にもとづいたものです。