NISHIO GARAGE


Release 2005      

Vol. 1 Vol. 2 Vol. 3 Vol. 4 Vol. 5 Vol. 6 Vol. 7 Vol. 8 Vol. 9 Vol. 10 Vol. 11 Vol. 12 Vol. 13

 

 

2005  Vol. 6 issued May 23


全日本ラリー選手権四輪駆動部門第1戦 ひえつき'05

 

平林織部、デビュー戦でベストタイム連発

〜 一時は2位を走るも、最終SSのスピンで7位に 〜

 前年の最終戦からおよそ7か月という長いインターバルを経て、2005年全日本ラリー選手権四駆部門シリーズは5月21日、宮崎県椎葉村で遅い開幕を迎えた。西尾雄次郎が抜擢した平林織部の名は、その異色の経歴とともにすでに関係者に広く知れ渡っている。期待と注目がいやが上にも高まる中、いよいよ彼の真価を示す戦いの幕が切って落とされた。 

 しかし、そのデビューはSS1の波乱によっていきなり待ったをかけられることになる。カーナンバー7・炭山裕矢インプレッサが転倒し、奴田原文雄から鎌田卓麻までの前年度1位〜6位ドライバーだけがSS1を走破したところで競技は中断。結局SS1はキャンセルされ、SS1の場所をリピートするSS2が、平林にとって最初の全開走行となった。当然、同じ場所をすでに1度走行したカーナンバー6までのドライバーが有利だが、平林はその中に割って入る6位のタイムを記録し、この日最初の驚きを周囲に与えた。 

 続くSS3でも平林は順調にタイムを縮めてトップ6の一角を占め、セクション1を 5位で終了。この時点ですでに、平林の速さはホンモノだということを多くの人間が感じ始めていた。 

 ほぼリアルタイムでSS速報が公開されているサービスパーク衝撃が走ったのは、セクション2オープニングのSS4の最中だった。次々と最新情報が届く中、奴田原をしのいでこの日最初のベストタイムを奪ったかに見えた石田正史のタイムを2秒近く上回る数字が、平林の欄に表示されたのだ。たしかに14番という平林の出走順は砂利が少なくて有利とはいえ、全日本デビュー戦でいきなりベストタイムを奪ったドライバーはほかにいないだろう。平林はSS5でも奴田原とタイながら連続ベストタイムを記録。続く4本のSSもそつない走りで着々と順位を上げ、セクション2を終えて2位まで浮上した。こうなってはもう、平林の実力を疑う余地はなさそうだ。

 とはいえ、平林と3位勝田範彦の差はわずか0.1秒、その1.2秒差で鎌田卓麻、さらにその0.4秒差で石田正史が続く。早くもデビュー戦で全日本トップドライバーたちとの熾烈な戦いに身をさらすことになった平林だが、それほどの緊張感も見せず、次々と訪れては「凄いですね、ビックリしましたよ!」と話しかける記者たちに、「一番ビックリしているのは私です」と、にこやかに答えている。 

 最終セクションは、例年セクション1で使われているおなじみのコースだ。夜間で視界が悪いこともあり、この道を走り慣れた全日本レギュラー陣に対してデビュー戦の平林は不利と予想された。その予想どおり、平林はSS10では「ホコリで道がよく見えなかった」と5位に後退し、続くSS11では降り出した雨に「慎重になりすぎて」4位との差は約10秒に広がる。一方、6位との差も20秒以上あったが、SS11の走りを反省した平林は、「最終SSは自分のベストを尽くそう」と気合を入れなおして臨んだ。しかし、フィニッシュまであと500メートルというところで深く掘れたワダチに引っ掛かり痛恨のスピン。大幅なタイムロスを喫して7位まで順位を落とし、華々しい活躍の割には多少控えめな結果でデビュー戦を終えた。 

 「初めて出場してこれだけの結果を残すとは、やはり並のドライバーではない」と、平林を全日本ラリーに送り出した西尾はほっと胸をなでおろす。デビュー戦で二つのベストタイムを記録し7位に入ったことで、平林の第2戦の出走順はもう少し上位陣に近づくだろう。1周目の優位は減るが、 路面状態の近い出走順で走ってこそ本当の実力と評価される。第2戦で平林がどんな活躍を見せてくれるか、4週間後がこの上なく楽しみだ。 

 

Cクラス競技結果(完走19台/出走22台):

順位

ドライバー

車両

タイヤ

Sec. 1

Sec. 2

Sec. 3

Total

Diff. from leader

1位

奴田原文雄/小田切順之

ランサー

YK

9:52.4

17:47.7

15:19.1

42:59.2

00:00.0

2位

石田正史/宮城孝仁

ランサー

DL

9:59.2

18:02.9

15:14.3

43:16.4

00:17.2

3位

鎌田卓麻/加勢直毅

インプレッサ

YK

9:59.9

18:01.8

15:15.4

43:17.1

00:17.9

4位

勝田範彦/北田稔

インプレッサ

DL

9:58.5

18:02.0

15:22.3

43:22.8

00:23.6

5位

石田雅之/澤田茂

ランサー

BS

10:06.8

18:08.9

15:34.9

43:50.6

00:51.4

6位

福永修/奥村久継

ランサー

DL

10:14.2

18:05.3

15:48.3

44:07.8

01:08.6

7位

平林織部/晝田満彦

インプレッサ

DL

10:06.3

17:54.1

16:09.7

44:10.1

01:10.9

 

Date

2005年5月21-22日

Place

宮崎県椎葉村椎葉総合運動公園スタート&フィニッシュ

Data

SS12本、SS総距離 50.91km