NISHIO GARAGE


Release 2008

Vol. 1

Vol. 2

Vol. 3

Vol. 4

Vol. 5

Vol. 6

Vol. 7

Vol. 8

Vol. 9

Vol. 10

Vol. 11

 

Vol. 6 issued June 4


全日本ラリー選手権第4戦ひむかラリー in 美郷

 

今シーズン最初のグラベルラリーは3位

 

〜 SS7でクラッシュするも、SS7の中止により命拾い 〜

 

 全日本ラリーシリーズは第4戦からグラベルイベントに突入する。宮崎県日向市の西方約30kmの美郷町を拠点とするこのラリーは、山岳地域ながらSSが効率よく配置され、走り甲斐もあり地元のホスピタリィも良いと、初開催の昨年からすでに参加者の評価は高いようだ。

 しかし、開幕以来のターマック3連戦からインターバルが実質的に2週間もないことや、関東以北から見ればかなり遠いことなどが敬遠されたのか、エントリーは28台と少し寂しい。ポイントリーダー奴田原文雄も、P-WRCアクロポリスラリーとの日程重複により今回は欠場した。

 いっぽう、北村和浩は昨年、全日本ダートトライアルと日程が重複したため欠場し、この地でのラリーは今回が初挑戦となる。開幕からターマックラリーが続いており、新型インプレッサによるグラベルラリー用サスペンションの開発はまだ緒に着いたばかりだが、やってみないことには始まらない。期待と不安が入り混じった気持ちで、インプレッサGRBによる初めてのグラベルラリーに臨んだ。

 まずSS1を制したのは前戦で優勝して勢いに乗る石田正史。今回はチームラックからインプレッサGDBで出走の勝田範彦がその0.4秒差、田口幸宏がその3.9秒差で続き、北村は田口からさらに2.6秒落ちとやや出遅れた。北村はSS2ではセカンドベストの勝田から1.5秒落ちと少し持ち直すも、SS3では勝田のベストタイムから9.2秒も遅れるなど試行錯誤の走りが続く。

 いっぽうSS1、SS2と連続ベストを奪った石田は、SS3で遅れてセンターデフの不調が伝えられたが、SS4ではまたもやぶっちりぎりのスーパーラップをたたき出し、マシン不調という話は信じられないほど。セクション1を終えてトップは石田、3.1秒差で勝田。北村はそれに続く3位だがすでに2位との差は17.9秒。SS2でバーストした田口が北村から18.5秒後方にいる。

 セクション2に入ると、好調に転じた田口がSS5、SS6を連続ベストラップであがり、北村に4.8秒差まで一気に詰め寄ってきた。石田はやはりトラブルを抱えているのかじりじりと遅れている。北村は、田口に肉薄されてきたとはいえSS6で一筋の光明を見出し、続くSS7はこの日一番の走りで攻めた。ところが、ギャラリーコーナーでアウト側の土盛りに激しくヒットしてコース上でスピン。足回りのダメージもひどく、このSSで致命的な遅れを喫するのは必至と思われた。

 スロー走行を余儀なくされた北村はしかし、この14kmのSS終盤で停止していた黄色いランサーのおかげで命拾いした。 右フロントサスペンションのボールジョイントが破損した石田のEvo9は、コース上で真横を向いて道を完全に塞いだまま動けない。これでSS7は中止となり石田はリタイア。この結果、レグ1を終えてトップは勝田で、北村は2位だが、すでに28.2秒という大差がついている。いっぽう3位田口とのタイム差は、SS7で全車に勝田のタイムが与えられたため、依然として4.8秒だ。

 翌日のレグ2、北村は前日とはサスペンションの仕様を変更して臨んだが、最初のSS8でベストラップを刻んだ田口にあっさり抜かれてしまった。勝田はすでに大量リードを築いていたにも関わらず残りの2SSも制し、昨年に続いてこのラリー2連覇。北村は、3位は得たものの上位とは大差がつき、多くの課題が浮き彫りになった形だ。しかし、不十分な仕上がりながらも出場したことによって、これらの課題が見えてきたともいえる。第5戦は欠場するが、その間にしっかり開発を進め、満を持して第6戦北海道に乗り込む予定だ。

 

Photo Album

 

競技結果(完走17台/出走28台)

総合順位

クラス順位

クルー

車両

合計タイム 1位との差

1位

JN4-1位

勝田範彦/北田稔

ラック名スバルSTi DLインプレッサ

1:22:16.5

 

2位

JN4-2位

田口幸宏/佐藤忠宜

アドバンPIAA KYBランサー

1:23:00.0

0:43.5

3位

JN4-3位

北村和浩/竹下紀子

アーレスティDL・ KYBインプレッサ

1:23:29.2

1:12.7

4位

JN4-4位

徳尾慶太郎/大庭正璽

BPFクスコADVANテインFTランサー

1:25:37.2

3:20.7

5位

JN4-5位 番場彬/林哲 ADVAN 1A バンバ ランサー 1:25:57.7

3:41.2

6位

JN2-1位

福永修/奥村久継

BOOBOW・DL・ブーン X4

1:26:30.3

4:13.8

 

Date

2008年5月31日〜6月1日

Weather

Leg1 晴れ、Leg2 曇り

Place

宮崎県美郷町・ 南郷区運動公園スタート&フィニッシュ

Data

SS10本、SS総距離88.96km、グラベル、ウェット〜セミウェット〜ドライ

Results

SSのタイム一覧表がひむかラリー in 美郷の公式ウェブサイトに掲載されています。

全SSのタイム一覧表ファイルは、JRCAホームページのイベントレポート欄からダウンロードできます。