NISHIO GARAGE

Top

Reports

Events

Team

Shop

Movies

Archives


    Report 

 

 

Vol. 5 issued Nov. 18


全日本ラリー選手権第9戦FMSC吉野ヶ里マウンテンラリー

 

今年最後のラリーは8位でフィニッシュ

 

〜  後半復調するも、開始早々の遅れを取り戻すには至らず 〜

 

 2009年の全日本ラリーもいよいよ最終戦。奴田原文雄ランサーと勝田範彦インプレッサによる白熱のチャンピオン争いが今回のラリーの最大の注目点だが、願わくば、松岡孝典・木村裕介組には、その戦いに多少なりとも影響を与えるような 走りを望みたいところ。目から鱗が落ちるような経験をした第7戦から約1か月半、松岡が実際にラリー車に乗って走行練習をしたのは2回に過ぎないが、その進歩は西尾雄次郎監督に期待を抱かせるにじゅうぶんといえた。

 一雨ごとに季節が進むこの時期、ラリーウィークも半ばに雨に見舞われた。木曜日に 一息ついたものの、レッキの金曜日はふたたび雨。この雨は土曜日の朝まで残ったが、ラリーが始まる頃にはやみ、この後は天気は快方に向かうという予報だ。林道の路面は当初ウェット、そしてラリーが進むにつれドライに変わると予想されたが、各チームともまずはウェット向けの仕様で臨んだようだ。

  この状況のもと、ラリーは開始早々これまでとはかなり違った展開を見せた。しかしそれにしても松岡の出来は悪すぎる。村瀬太シビックの後塵を拝するばかりか、JN-4クラスでもほとんど最下位で、SS2を終えた時点では総合14位。SS1/SS2と同じループの2周目に入ると、クルマのワダチ部分の路面がうっすら乾き始めたことに助けられたかやっと持ち直し、SS3、SS4はそれぞれ総合8位、9位タイムでなんとかサービスに戻って来た。

 たしかに勝田や石田正史もいつになく苦戦はしていた。SS4を終えた時点でラリーリーダーは奴田原で、2位には 「エンペラー」と呼ばれるほどこの地域での強さを誇る榊雅広がつけ、ターマックキング勝田は3番手だ。大嶋治夫が4位に割って入り、石田正史は5位に甘んじている。しかし勝田、石田とも、首位争いにこそ絡んでいないが、首位をうかがうことも可能な位置にはつけている。これがトップドライバーの底力というものだろう。

 セクション2に入ると路面もすっかり乾いた。SS5では勝田がベストタイム、奴田原が2番手で石田がその1.5秒差の3番手。松岡は地元の吉谷久俊に割って入られるも榊を抑えて5番手タイムでしのぎ、やっと西尾の期待に沿うパフォーマンスを見せ始めた。ただ、常にインカー映像で松岡の走りをチェックしている西尾によれば、松岡はSSスタート直後はなかなかスピードが上がらないという欠点があるという。たった1.3kmしかないSS6、SS7を、それぞれ10位、13位という不甲斐ないタイムで終えたのも、そのせいなのかもしれない。

 このラりー最終となったSS8は、石田がベストタイム、勝田が2番手、奴田原が3番手と御三家がトップ3を占めるいつもの展開となった。地元で道を知り尽くしている榊と吉谷がそれぞれ4番手、5番手に入ったが、松岡はそれに次ぐ6位タイム。 このSS5とSS8のタイムは将来への希望を残したが、これだけでは序盤の大幅な遅れを挽回することはできず、総合8位という順位でフィニッシュした。

 結果として、今回のラリーは残念ながら期待を大きく裏切る成績に終わってしまった。これが松岡・木村組の現時点の実力であることは否めない。勝田、石田のような底力を発揮するには、まだまだ多くの経験が必要だろうと西尾は言う。しかし同時に、経験を積めばきっと克服できるだろうとも考えている。なぜなら、これまで西尾が見てきた限り、松岡はいくつもの欠点を克服しつつ常に成長してきたからだという。今シーズンはまだ果実は堅く閉じたままに終わったが、来シーズンは大きく実って収穫を迎えることを期待したい。


 

Photo Album

 

 

競技結果(完走37台/出走45台)

総合順位

クラス順位

クルー

車両

合計タイム 1位との差

1位

JN4-1位

奴田原文雄/佐藤忠宜

ADVAN-PIAAランサー

49:56.6

 

2位

JN4-2位

勝田範彦/保井隆宏

ラック名スバルSTI DLインプレッサ

50:14.8

0:18.2

3位

JN4-3位

榊雅広/松井博和

クスコBS itzz CMSCランサー

50:17.6

0:21.0

4位

JN4-4位

石田正史/澤田茂

DLテイン マルシェ ランサー

50:22.9

0:26.3

5位

JN4-5位 吉谷久俊/高田新二 RS★RxDLランサー 50:38.2

0:43.6

6位

JN4-6位

大嶋治夫/井手上達也

セーフティ21 アドバン ランサー

50:49.0

0:52.4

8位

JN4-8位 松岡孝典/木村裕介

NET・DL・KYBインプレッサ

51:20.3

1:23.7

 

Date

2009年11月14日

Weather

曇りのち晴れ

Place

佐賀県吉野ヶ里町・吉野ヶ里歴史公園スタート&フィニッシュ

Data

SS8本、SS総距離64.22km  ターマック、ウェットのちドライ

Results

SSごとの速報タイムやスプリットタイム、および公式結果は、FMSC福岡モータースポーツクラブウェブサイトからアクセスできます。

全SSのタイム一覧表および上位入賞車画像はJRCAホームページからもダウンロードできます。