2009 全日本ラリー選手権第1戦 ツール・ド・九州 in 唐津

いよいよ2009年全日本ラリー開幕。現地入りしたエンジニアにカントクは前日のテストのことなど説明中。

撮影:あさくま

今年のクルマ。第1戦はとりあえず控えめな姿で。

 

撮影:あさくま

レキが終わって一段落。今回はレキが終わるとその日にラリーがスタートするので、なんとなく慌しい。

撮影:あさくま

カントク兼チーフメカニックの西尾がドライバーに質問・確認しつつ整備作業(まあ、たぶんそんなところ)。

撮影:ヒサ

唐津神社に選手が集まってきました。

 

撮影:ヒサ

恒例の参加者全員による記念撮影。

 

撮影:ヒサ

素直にカメラ目線。

 

撮影:ヒサ

今年はマスコットも登場してスタートのフラッグを振ってくれました。

撮影:ヒサ

鳥居のところから各車出発、こういうフンイキです。

 

撮影:ヒサ

リハビリ第1戦の始まり。まずはとにかく慎重に。

SS1が始まったのは午後4時半ごろ。ということで、もうかなり陽が傾いています。

撮影:sin

SS2はさらに遅く午後5時半ごろのスタート。実際はこれほど暗くはなかったそうですが。

撮影:ヒサ

無事にデイ1を終えてサービスに帰還。カントクもとりあえずほっとしたことでしょう。

撮影:sin

今のところ5位ということで、雑誌記者の取材もあります。

撮影:ヒサ

もともとラリーをしていたマンモさんだから共感し合える?お互い表情がほころんでいるよう。

撮影:sin

サービス終了、あとはパルクフェルメ(ホテルの駐車場)へ移動するだけ。お疲れ様でした。

撮影:ヒサ

日曜日の朝。パルクフェルメの外からクルマの場所を確認し、入場時刻を待つ。

撮影:sin

パルクフェルメ出口のTCをチェックアウト。いよいよデイ2が始まります。

撮影:ヒサ

今日は「絶対大丈夫という自信が持てれば攻めていい」とカントクからGOサインも。

撮影:ヒサ

「出待ち」をしていた熱心なファンの方々に見送られて出発。

撮影:sin

まず20分のサービス。カントクから何かお言葉が?(どうせたいしたことは言ってないと思いますが)

撮影:ヒサ

「では行ってきます」

 

撮影:ヒサ

サービス出口のTC。

 

撮影:ヒサ

お古でもなく借り物でもないFIA公認スーツを着るのは2人とも今回が初めて。今はまだ「馬子にも衣装」な感じですが、いずれは・・・

撮影:ヒサ

しかし、SS3途中からオイルが噴き出し、ここを走り終えた時点でリタイア。残念。

 

走れなくはなりましたが、出来るだけのことはやります。後始末のお手伝い。

撮影:あさくま

ニシオガレージ目指してこれから走ります。ああ、しんど・・・などと若者たちは言わなかったでしょう。次こそは、です。

撮影:あさくま