NISHIO GARAGE

Top

Reports

Events

Team

Shop

Movies

Archives


    Report 

 

 

Vol. 2 issued June 20


2010年全日本ラリー選手権第4戦久万高原ラリー

 

デイ1で3位につけるも完走ならず

 

--- 強雨の中、ハイドロプレーニングでコントロールを失いコースアウト ---

 

  全日本ラリー選手権は第2戦ひむかラリー、第3戦ラリー北海道を消化し、第4戦に入った。グラベル2戦をスキップする間にターマック用サスペンションの改良を重ね、じゅうぶんな手ごたえをもって臨んだ今年2回目のラリーは、松岡孝典・木村祐介組にとって上々の滑り出しだった。

 久万高原ラリーは今年も標高1,500mを超える大川嶺をとりまく舗装路が舞台。デイ1は午後4時にスタートし、比較的短いSS4本をこなして終了する。コースの半分以上がきつい上りとなるこのセクションは、例年どおり奴田原文雄ランサーがリードを奪った。松岡はベストタイムこそなかったものの、ターマックキング勝田範彦とセカンドベストを分け合うなど、どのSSも好タイムを並べ、チャンピオンを争うこの2台に続く3位につけてデイ1を終了した。

 一夜明けると、久万高原は強い雨と風、そし部分的には霧も出る悪天候となった。この難しいコンディションのもと、どこまで奴田原や勝田についていけるか。経験の浅い松岡・木村にとっては厳しい戦いが予想された。

 残念ながらこの不安は的中し、デイ2最初のSS5で、「雨の強さの判断を誤り」オーバースピードからハイドロプレーニングに見舞われた松岡は、あえなくコースアウト。幸いにも、土手に上ったあとまた道の上に落ちてきたが、車両のダメージはひどく、ラリー続行はほぼ不可能になった。

 西尾雄次郎監督によれば「ステアリングギヤのケースが割れて、ハンドルを切るたびにセンターが180度ずれる様な状態。電話でリタイアを勧めたが、タイロッドを調整したりして、なんとかサービスまで残りの2本40km近くのSSを走ろうとしたようだ。結局、SS6を走る前に、いくらなんでも無理と諦めたが」とのこと。

 あとでわかったが、松岡はコースアウトしたときにヒノキの木を倒し、それがコース上に横たわる形になっていたようだ。後続車はブラインドコーナーを回った途端「目の前に緑の土手が現れ 」て驚いたらしいが、どうすることもできずにそのまま突っ切る羽目になったとか。サービスに戻って来た石田正史らからその顛末を聞き、またしてもみんなに迷惑をかけたと平謝りすることに。

 ラリー後、松岡は「今回のラリーは心中期するところもあっただけに大変残念で、多くの方のサポートに応えることができず申し訳なく思っています」と悔しい思いをにじませた。ただ、「車のセッティングが良いところに来たこともあり、舗装のドライの走り方はほぼ固まったと思うので、今後はそれを基本に、状況変化への対応を含めていかにミスをしないかに少し重きを置こうと思います」というコメントは、自身でも成長を自覚していることがうかがえ、心強い。

 西尾監督も「ドライバーもクルマも着実に進歩はしている」と、今回のラリーを評価している。

 次の参戦は第5戦ARK Rally in 後志で、7月はじめにはこれを見据えたテストも予定されている。グラベル経験のほとんどない松岡が、初めてインプレッサGRBで臨むグラベルラリーは、どんな展開になるのか。新たな期待を持ってその日を待つことにしよう。

 

Photo Album

 

 

競技結果(完走22台/出走34台)

総合順位

クラス順位

クルー

車両

合計タイム 1位との差

1位

JN4-1位

勝田範彦/足立さやか

インプレッサWRX STi

1:25:43.4

 

2位

JN4-2位

奴田原文雄/佐藤忠宜

ランサーエボ X

1:26:08.2

0:24.8

3位

JN4-3位

石田正史/竹下紀子

ランサーエボ X 1:27:30.9

1:47.5

4位

JN4-4位

榊雅広/井手上達也

ランサーエボ X

1:27:59.6

2:16.2

5位

JN4-5位 高山仁/広田沙貴子 ランサーエボ VII 1:28:43.7

3:00.3

6位

JN4-6位

徳尾慶太郎/石丸昌

ランサーエボ X

1:30:16.1

4:32.7

 

Date

2010年6月12〜13日

Weather

デイ1 曇り、デイ2 雨

Place

愛媛県久万高原町・ 美川スキー場 スタート&フィニッシュ

Data

SS10本、SS総距離105.76km  ターマック、ドライ→ウェット

Results

SSごとの速報タイムやスプリットタイム、および公式結果は、松山オートクラブウェブサイトからアクセスできます。

全SSのタイム一覧表および上位入賞車画像はJRCAホームページからもダウンロードできます。